LOVE LOVE あいしてる:KinKi Kids&吉田拓郎の伝説の音楽バラエティーが最後の復活 吉田拓郎最後のテレビ出演に

(左から)堂本剛さん、吉田拓郎さん、堂本光一さん=フジテレビ提供
1 / 1
(左から)堂本剛さん、吉田拓郎さん、堂本光一さん=フジテレビ提供

 人気グループ「KinKi Kids」とシンガー・ソングライターの吉田拓郎さんという異色のタッグによる音楽バラエティーとして親しまれた「LOVE LOVE あいしてる」(フジテレビ系)が一夜限りの復活を果たすことが6月25日、明らかになった。「LOVE LOVE あいしてる 最終回・吉田拓郎卒業SP」と題して、KinKi KidsがCDデビュー25年目を迎える7月21日の午後8時から放送。52年の音楽活動に終止符を打つことを発表している吉田さんにとっては最後のテレビ出演になるといい、番組としても最終回を迎える。

 「LOVE LOVE あいしてる」は1996年10月~2001年3月に放送された音楽バラエティー番組。CDデビュー前で10代だったKinKi Kidsと、大御所シンガー・ソングライターとして知られる吉田さんという、異色の組み合わせが番組開始当初から話題を集めた。ゲストとの軽妙なトークや、「THE ALFEE」の坂崎幸之助さんらも加わった番組オリジナルバンド「LOVE LOVE ALL STARS」の生演奏にこだわったパフォーマンスも人気を博し、吉田さんが作曲を担当した番組テーマソング「全部だきしめて」を、KinKi KidsがカバーしたCDシングル「全部だきしめて/青の時代」(1998年)はミリオンセラーを記録した。今回の放送は、KinKi KidsがCDデビュー20年目を迎えた2017年7月21日に放送した特番「LOVE LOVE あいしてる16年ぶりの復活SP」以来、5年ぶり。

 今回の特番が実現したきっかけは、KinKi Kidsの堂本光一さんが吉田さんへ宛てたメッセージだったという。今年、吉田さんが年始あいさつをメールでやりとりしていると、「今年こそ『LOVE LOVE あいしてる』が実現することを心から願っています」と堂本光一さんから返信がきたという。吉田さんはすぐに堂本剛さん、篠原さんらとも話をして、番組プロデューサーに「みんなやる気満々。打ち合わせしませんか?」と連絡して5年ぶりの復活とともに、そして吉田さんにとっての最後のテレビ出演に向けて企画が動き出したという。

 今回のために、KinKi Kidsと吉田さんが初の合作曲の制作にも挑戦。KinKi Kidsが作曲、吉田さんが作詞を手掛ける楽曲「Sayonara あいしてる」の一夜限りのパフォーマンスを披露する。

 ◇放送決定へのコメント

 堂本光一さん 拓郎さんの一声で始まりました。「LOVE LOVE~」レギュラー放送の頃から拓郎さんの一声でみんなが集中してひとつの方向に動き始めるということが多かった気がします。昔はそういう感覚で物事が進むことは少なくなかったと思うんですけど、今の時代においてはなかなかないこと。今回実現できたのは、拓郎さんのリーダーシップのおかげですし、昔もそうやってやったなっていう感覚を思い出してうれしかったです。

 堂本剛さん 番組が終わってからも、「『LOVE LOVE~』見てました」といろいろな方に言っていただける人生なので、「LOVE LOVE~」という番組が自分だけじゃなくて、いろいろな人たちの記憶に残ってるんだと、影響があった番組なんだなと実感することが多かったんです。なので、すごくうれしいと共に“ラストか”という気持ちももちろんあります。でもリハーサルをやって、“こういう雰囲気だったよな”とみんなでお話をして。番組が終わってから、長い時間がたったはずなのに、“先月もやっていた”みたいな雰囲気が、めちゃくちゃ不思議で。篠原(ともえさん)もずいぶん会っていなかったですが、あっという間に当時に戻れる感覚。そういう関係性を、画面を通して改めて、皆さんにお届けできることがすごく幸せです。だから“放送が決まった”と聞いたときはそこまで想像できていなかったですけど、改めてリハーサルをしてみてそういう空気感と共に、皆さんに伝えられるという機会をまたいただけたのでうれしいなと思っています。

 吉田拓郎さん 僕は年齢的にも2人より全然上で、いろいろなことをリタイアしたいなと考えていまして。そういう意味で言うと、テレビとのお付き合いも「LOVE LOVE~」で最後にしたいな、という決心がずいぶん前からありました。光一と剛と最後に一緒にやって、一緒の時間を過ごして、それを最後のテレビ出演とするのはどうかなと、かねてから思っていました。それで、プロデューサーと話して、特番などでやれるといいんだけどねと話をさせてもらって。僕はとてもすてきな有終の美を飾れそうで、とても幸せ。光一、剛、篠原さん、皆さんに感謝しています。


テレビ 最新記事