サマータイムレンダ:第12話「血の夜」 ヒルコ様! オカアサン!? “大きな影”が澪を人質に

「サマータイムレンダ」の第12話「血の夜」の一場面(C)田中靖規/集英社・サマータイムレンダ製作委員会
1 / 6
「サマータイムレンダ」の第12話「血の夜」の一場面(C)田中靖規/集英社・サマータイムレンダ製作委員会

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載された田中靖規さんのマンガが原作のテレビアニメ「サマータイムレンダ」の第12話「血の夜」が、6月30日からTOKYO MXほかで順次放送される。

 菱形窓の妹・朱鷺子は「これまで“食餌”と称しヒルコ様に死んだ人を与えてきた」と語る。ヒルコ様とは、夏祭りの日、日都ヶ島神社に現れた“大きな影”が「オカアサン」と呼んだ着物の少女・ハイネのことだった。朱鷺子は“影”を操り、網代慎平たちの計画を阻もうとする。そんな中、“大きな影”が現れて、小舟澪を人質にとる。“大きな影”は慎平を生かしながら夏祭りの日を迎えることをもくろむ。

 「サマータイムレンダ」は、離島を舞台にしたSFサスペンス。幼なじみ・小舟潮の死をきっかけに故郷の和歌山市・日都ヶ島に帰ってきた網代慎平が、不可解な死を探るうちに、島に残る“影”のウワサとその謎に巻き込まれていく……というストーリー。2017年10月~2021年2月に「少年ジャンプ+」で連載された。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事