オールドルーキー:落語家・桂宮治の演技力に視聴者脱帽「笑点のときと全然違う」 「ストリートファッション似合う」の声も

連続ドラマ「オールドルーキー」第2話の一場面(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「オールドルーキー」第2話の一場面(C)TBS

 俳優の綾野剛さんが主演するTBS「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「オールドルーキー」の第2話が7月3日、放送された。落語家の桂宮治さんが、9歳のスケートボード選手の父でコーチの悠一役で出演。本業とまったく異なる役柄でドラマに出演するのは今回が初めてという宮治さんの姿に、視聴者からは「笑点のときと全然違う人みたい」の声や、和服姿を見慣れているため、「ストリートファッションも似合う」など驚きの声が上がった。

 ドラマは、「HERO」やNHK連続テレビ小説「まんぷく」などを手掛けた福田靖さんのオリジナル作。現役を引退した新町亮太郎(綾野さん)が、アスリートのマネジメント会社「ビクトリー」で働きながら、セカンドキャリアを歩む姿を描く。

 第2話では、亮太郎は塔子(芳根京子さん)と組んで、9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得を高柳社長(反町隆史さん)に任される。練習場に、ひかりの父でコーチの悠一(宮治さん)を訪ねるが、悠一は取り付く島もない。世界最大手のスポーツマネジメント会社もひかりの獲得へ動き出し……という展開だった。

 SNSでは「やたらいい声の俳優だと思ったら桂宮治さん出ててびっくり」「演技がうまくてビビった」など、演技力をたたえるコメントも並んだ。

テレビ 最新記事