オールドルーキー:“妻”榮倉奈々に「可愛すぎ」「結婚したい」 「ママっぷりがリアル」の声も

連続ドラマ「オールドルーキー」の一場面 (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「オールドルーキー」の一場面 (C)TBS

 俳優の綾野剛さんが主演するTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「オールドルーキー」第2話が、7月3日に放送された。現役を引退したサッカー元日本代表・新町亮太郎(綾野さん)の妻・果奈子を演じる榮倉奈々さんについて、SNSでは「榮倉奈々かわいい」「榮倉奈々の奥さん最高」といった声が上がった。

 第2話では、塔子(芳根京子さん)と組んで、9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得を高柳社長(反町隆史さん)に任された亮太郎。早速、ひかりの父でコーチの悠一(桂宮治さん)の元へ訪れるが、悠一は取り付く島もない。世界最大手のスポーツマネジメント会社もひかりの獲得へ動き出して……と展開した。

 スポーツマネジメントという仕事について、「俺やっていけんのかな~ホント」と亮太郎が漏らす場面では、「俺、やっていけんのかな~じゃないでしょ! 亮ちゃんは甘い! 世間は厳しいの!」と、奮起を促すように声をかける果奈子の姿が描かれた。また、二人の娘たちに話しかけるも、“無視”され落ち込んでしまった亮太郎に、「今だけだからね」とフォローする姿も登場した。

 SNSでは、「榮倉奈々の役みたいな奥さん、すてきすぎる」「見るたびに榮倉奈々と結婚したい欲が増す」「榮倉奈々ちゃんのこういうお芝居好きだなー」「奈々ちゃんのママっぷりがリアル」「榮倉奈々ちゃん演じる奥さんが常に前向きですてきだなぁと思って見てます」といった声が続々と上がっていた。

テレビ 最新記事