ラブオールプレー:第16話「ハンバーグ革命」 ランキング戦開始 小林たちの本音を知る亮と松田

「ラブオールプレー」の第16話「ハンバーグ革命」の一場面(C)小瀬木麻美・ポプラ社/横浜湊高校バドミントン部
1 / 8
「ラブオールプレー」の第16話「ハンバーグ革命」の一場面(C)小瀬木麻美・ポプラ社/横浜湊高校バドミントン部

 小瀬木麻美さんのバドミントンを題材にした小説が原作のテレビアニメ「ラブオールプレー」の第16話「ハンバーグ革命」が、読売テレビ・日本テレビ系で7月23日午後5時半に放送される。

 今年も県大会に向けてランキング戦が始まる。例年通り全員参加の総当たり戦で行われる。試合当日の昼休み、水嶋亮たちはとんかつなど験を担いだ必勝メニューを食べて気合を入れる。その後、亮と松田航輝が教室へと戻る途中、物陰から小林雅和たちの会話が漏れ聞こえ、彼らの本音を知ってしまう。それはランキング戦で上位に食い込むであろう亮たち2年生への愚痴だった。気にせずに試合に向けて気を引き締める亮だが、松田の表情は曇ったままだった。

 「ラブオールプレー」は、高校のバドミントン部を舞台に、中学時代は無名だった主人公・水嶋亮がインターハイ優勝を目指し、トップアスリートへと成長していく姿が描かれる。アニメは劇場版アニメ「PEACE MAKER 鐵(くろがね)」などの竹内浩志さんが監督を務め、「世界名作劇場シリーズ」などの日本アニメーションと「妖怪ウォッチ」シリーズなどのOLMが制作する。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事