SixTONES京本大我:指先を口元に添えた“完璧ポーズ” 映画「TANG タング」でナルシシストキャラに 役作りの裏側も明かす

映画「TANG タング」で林原信二を演じるSixTONESの京本大我さん(C)2015 DI (C)2022映画「TANG」製作委員会
1 / 1
映画「TANG タング」で林原信二を演じるSixTONESの京本大我さん(C)2015 DI (C)2022映画「TANG」製作委員会

 二宮和也さん主演の映画「TANG タング」(三木孝浩監督、8月11日公開)で、人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の京本大我さんの場面写真が8月1日、公開された。京本さん演じるナルシシストなロボットデザイナー・林原信二が、指先を口元に添えてクールに“完璧ポーズ”を決めた姿が写し出されている。

 映画は、デボラ・インストールさんの小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」(小学館文庫)が原作。わけあって無職で人生に迷子中の春日井健(二宮さん)がある日、記憶をなくして“タング”と名乗る不良品ロボットと出会う物語で、日本版にアレンジを加えて実写化する。

 林原は、アンドロイド製造の大手企業「アトビットシステムズ」の社員。会社にやって来た健が連れていたタングに興味を持つという役どころ。

 京本さんが単独で映画に本格出演するのは今作が初めて。林原の独特な決めポーズや仕草を何パターンも研究し、撮影に臨んだ。その演技によって生まれた、個性あふれる林原の姿も映画の見どころとなっている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画