鎌倉殿の13人:つつじが「善哉」を出産 ついに“運命の子”爆誕? 「まさかこの子が」「これがアレ」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で北香那さん演じるつつじ (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で北香那さん演じるつつじ (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第29回「ままならぬ玉」が7月31日に放送され、北香那さん演じるつつじが、金子大地さん扮(ふん)する源頼家の次男を出産した。

 第29回では、御家人たちのバランスが崩れ始めた鎌倉。義時(小栗さん)は北条と比企との争いの激化を懸念し、頼時(坂口健太郎さん)と比奈(堀田真由さん)を前に決意を新たにする。そんな中、つつじが頼家の次男・善哉を出産。三浦義村(山本耕史さん)が乳母夫となるが、比企能員(佐藤二朗さん)は長男・一幡こそが嫡男であるとけん制する。

 一方、北条時政(坂東彌十郎さん)は、りく(宮沢りえさん)から政子(小池栄子さん)の次男・千幡を頼家の跡継ぎに……という展開だった。

 つつじは賀茂重長の娘で、第26回「悲しむ前に」(7月3日放送)から登場。ドラマの公式ホームページで、母は源頼朝(大泉洋さん)の叔父・為朝の娘で、頼家の寵愛(ちょうあい)を受け、後に“運命の子”公暁(こうぎょう)を産む……と紹介されていた。

 公暁は頼家の次男で、「父の無念を晴らすため日本史上に残る大事件を引き起こす」という。幼名は「善哉」。つつじの出産に対して、SNSでは「まさかこの子が?」「善哉。これがアレだな」「ベビー善哉爆誕」「運命の子供誕生」などと視聴者は反応。「善裁さん出産から始まる、比企と北条の新たな争いの始まり」「善哉は後の公暁、そして善哉の乳母は三浦、公暁は源氏将軍家を終わらせる存在」といった意見も書き込まれた。

テレビ 最新記事