ちむどんどん:良子ネーネー料理に目覚める「博夫さんは無事?」 義憤に駆られる姿に「上京する?」の声も

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で川口春奈さんが演じる比嘉良子(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で川口春奈さんが演じる比嘉良子(C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第83回が8月3日に放送され、ヒロイン一家の長女・良子(川口春奈さん)の発言に注目が集まった。

 同回では、「アッラ・フォンターナ」で働く暢子(黒島さん)のもとに、姉の良子が電話をかけてきた。夫の博夫(山田裕貴さん)の実家・石川家に妻として認めてもらうべく、苦手な料理を始めた良子は「ウチは今でーじ料理が楽しくて楽しくて! だからラフテーの作り方を教えてもらおうと」と声を弾ませる。

 暢子は「今それどころじゃないー」と、権田(利重剛さん)一派による嫌がらせ“攻撃”でフォンターナが危機にあることを伝える。「そんなひどいことをする人がいるわけ!」と驚く良子。「何もしてあげられなくてごめんね。話はいつでも聞くから」と電話を切った後に、「ありえん! 絶対に許せない!」と妹の店の危機に闘志を燃やした。

 SNSでは、料理に苦手意識を持っていた良子の成長に「腕前の方はともかくとして、まずは気持ち」「何がきっかけになるか分からんよね。よかった」「初めて褒められて料理が好きになった良子。ウソでも褒めると人生変わるね」「良子ネーネー、料理がでーじ楽しくてしょうがないと言っていたが、大丈夫なのか?  博夫さんは無事か?」「(良子が)ご機嫌、その背後で博夫が微妙な表情だったのがツボでした」といったコメントが並んだ。

 また、「正義感強い良子の体から許せんオーラ出まくってた」「『絶対許せない』になったネーネー、どうするどうする」「予告で良子東京に来てたけど、この件で上京する?」といったコメントも見られた。

テレビ 最新記事