シュガーアップル・フェアリーテイル:テレビアニメが2023年放送 貫井柚佳が主人公アンに 水中雅章、高橋李依、前野智昭も

「シュガーアップル・フェアリーテイル」のビジュアル(C)2023 三川みり・あき/KADOKAWA/「シュガーアップル・フェアリーテイル」製作委員会
1 / 12
「シュガーアップル・フェアリーテイル」のビジュアル(C)2023 三川みり・あき/KADOKAWA/「シュガーアップル・フェアリーテイル」製作委員会

 角川ビーンズ文庫(KADOKAWA)のライトノベルが原作のテレビアニメ「シュガーアップル・フェアリーテイル」が2023年に放送されることが分かった。貫井柚佳さんが、銀砂糖師になることを目指して旅をする主人公・アン、水中雅章さんが、アンの護衛を務める戦士妖精のシャルを演じることも発表された。高橋李依さんが恩人であるアンと一緒に旅をする妖精のミスリル役、前野智昭さんが一行が旅の途中で出会う謎の男・ヒュー役として出演する。鈴木洋平さんが監督を務め、J.C.STAFFがアニメを制作する。アン、シャルが描かれたティザービジュアルも公開された。

 貫井さんは「初めて作品に触れた時、爽やかで心地よいストーリーにあっという間に引き込まれました。アンのお声として選んでいただいたと聞いた時は夢見心地で……本当にうれしかったです……! まぶしいくらい真っすぐでひたむきなアン。私もアンと手を取り合って、このすてきな旅をお届けできるよう精いっぱい努めさせていただきます。たくさんのときめきに出会える作品です! ぜひ放送を楽しみにお待ちください! どうぞよろしくお願いいたします」とコメント。

 水中さんは「シャル役が決まりましたと聞いた時は本当にうれしかったです。それと同時に、精いっぱい頑張るぞ!と気を引き締めました。シャルの印象はクールで美しく、強い。あと口がほーーーんのちょっと悪いですね(笑い)。アンとのちぐはぐ?な会話が心地良く感じつつも、物語が進むにつれてアンやシャルたちの魅力をどんどん感じることができるすてきな作品です。砂糖菓子をキーワードに、人間と妖精の物語をぜひ楽しみにお待ちください!」と話している。

 高橋さんは「ミスリル・リッド・ポッドは、とても小さな妖精さん! 小さいけど態度は大きく、名前を略すと怒られます(笑い)。一見、アンたちの邪魔をしてしまいそうですが、ちょうどいい案配に空気も読める、実はいいヤツなミスリル・リッド・ポッド。元気に動き回っている絵に合わせて、声の方でも楽しくにぎやかに絡んでいきたいと思います!」と意気込んでいる。

 前野さんは「ヒューは常にひょうひょう々とした雰囲気を持ちつつも、アンたちのサポートをしたり、時にはいろいろと説明もしたりと、一見つかみどころがなさそうにも見えますが、その言動には裏付けされた説得力があり、自分自身、彼の持つワイルドさや、そこはかとなく醸し出される上品さに憧れる部分があります。物語にも深く関わってくるキャラクターなので、毎話の展開もとても楽しみです。アニメーションでも作品やキャラクターたちの魅力をお伝えできるように、精いっぱい臨もうと思います。どうぞよろしくお願いします」と語っている。

 「シュガーアップル・フェアリーテイル」は、三川みりさん作、あきさんイラストのライトノベル。人間が妖精を使役するハイランド王国を舞台に、母を亡くしたばかりの少女アンが、母の後を継ぎ、銀砂糖師になることを決意し、王都に旅立つ……というストーリー。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:鈴木洋平▽シリーズ構成:水上清資▽キャラクターデザイン:飯塚晴子▽音楽:椿山日南子▽音楽制作:フライングドッグ▽アニメーション制作:J.C.STAFF

 ◇キャスト(敬称略)

 アン・ハルフォード:貫井柚佳▽シャル・フェン・シャル:水中雅章▽ミスリル・リッド・ポッド:高橋李依▽ヒュー・マーキュリー:前野智昭

写真を見る全 12 枚

アニメ 最新記事