吉田羊:初のオリジナル楽曲を9月に配信決定 デビュー25周年コンサートのライブ配信チケット発売も

「吉田羊 Night Spectacles The Parallel~ウタウヒツジ~25th Anniversary Special」のメインビジュアル Photo:Kazumi kurigami Design:Kaoru Kasai
1 / 1
「吉田羊 Night Spectacles The Parallel~ウタウヒツジ~25th Anniversary Special」のメインビジュアル Photo:Kazumi kurigami Design:Kaoru Kasai

 女優の吉田羊さんがデビュー25周年を記念して開催するコンサート「吉田羊 Night Spectacles The Parallel~ウタウヒツジ~25th Anniversary Special」のライブ配信チケットが8月8日、販売を開始した。吉田さん初のオリジナル楽曲「coloful」の配信が9日9日に決定したことも発表された。

 コンサートは、9月22、23日にBillboard Live TOKYO(東京都港区)で各日2公演を実施。そのうち23日午後7時半からの公演の配信チケットが発売された。イープラス「Streaming+(プラス)」で配信される。8月31日午後11時59分までにチケットを購入すると、吉田さんのサイン入り公演ポスターを抽選で5人にプレゼント。

 楽曲「coloful」は、2020年の緊急事態宣言下に制作された楽曲で、作曲はクリエーティブコレクティブ(集団)「INIMI」が担当。作詞は吉田さんが自ら手がけた。

 吉田さんは「coloful」について、「当時撮影中だった現場がストップし“おうちじかん”が増えた中で、かねて交流のあった映像プロデューサーから『せっかく時間があるのだから、歌を作ってみないか』と声をかけられたのが始まり。今回、25周年のタイミングと重なり、ようやくそれが形となります。同じように私の歌声が好きだと言ってくださる皆様に届いたらいいな」と話している。

 歌詞のイメージは、「2020年に放送されたリモートドラマ『2020年 五月の恋』が基になっています。ドラマをご覧になった方には『モトオとユキコ』を、未見の方には離れてしまった大切な誰かを思って聴いていただけるとうれしいです」とコメントした。

芸能 最新記事