ちむどんどん:暢子&和彦、重子にまさかの“同居”提案 「結婚を認めてないのにすごい」「え”!???と声出た」

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第86回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第86回の一場面(C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第86回が8月8日に放送され、和彦(宮沢氷魚さん)が、自身と暢子(黒島さん)の結婚を認めない母・重子(鈴木保奈美さん)にしたまさかの“同居”提案に、視聴者から「3人同居とかいう発想はなかったわ(笑い)」「結婚を認めてないのに同居したいってすごいな」といった声が次々と上がった。

 暢子は、大切な人たちを集めた披露宴を勤務先のレストラン「アッラ・フォンターナ」で行おうと決意する。しかし、重子からはまだ、和彦との結婚を認めてもらっておらず……というのがこれまでの展開。

 第86回では、和彦がいつもの喫茶店で、重子と向き合った。「明日、フォンターナに来てほしい」と申し出る和彦。重子が「何を考えているのか分からないけど……」と拒否しようとすると、「もう一つ、暢子から提案がある。僕と暢子と母さんと、3人で同居しよう」と切り出した。重子は「同居!?」と驚く。

 同居は、暢子の「一緒に暮らせば、もっとお互いのことを分かり合えると思う」という考えからだった。和彦は「僕もまさかと思った。だけど、暢子とならそれもいいかなって。どう?」と尋ねる。重子は「どうって……。急にそんなこと」と動揺する。

 和彦は「思い出したんだ。僕らにも家族で楽しく暮らした思い出があったこと。暢子となら、あの頃みたいにまた皆で楽しく暮らせる気がして」とほほ笑んだ。そして、母にこれまで育ててくれたことへの感謝を述べ、「明日、フォンターナで待ってる」と言って、店を出た。

 SNSでは「え”…!??? と声出たまさかの同居ー……ッ!」「か、か、か、和彦ォ?! 君はどこまで斜め上を行く?!!」「同居!!面白い。提案が強烈」といったコメントが相次いでいた。

テレビ 最新記事