オクトー~感情捜査官 心野朱梨~:“感情を失った姉”松井玲奈の涙に「なにこの存在感」「芝居がすごすぎ」の声続々

連続ドラマ「オクトー~感情捜査官 心野朱梨~」の一場面=読売テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「オクトー~感情捜査官 心野朱梨~」の一場面=読売テレビ提供

 女優の飯豊まりえさん主演の連続ドラマ「オクトー~感情捜査官 心野朱梨~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第6話が、8月11日に放送された。ラストでは、松井玲奈さん演じる、感情を失ってしまい、会話もできない状態で入院生活を続ける朱梨(飯豊さん)の姉・紫織が、涙をこぼすシーンが描かれた。視聴者からは、「おねぇちゃん。涙が……喋らず動かずなのにこの存在感」「松井玲奈ちゃんの演技がうますぎる」といった声が上がった。

 第6話では、朱梨と風早(浅香航大さん)が、人気華道家・円山(尾上寛之さん)を取り調べることに。円山が誰かを殺して遺体を埋めたと思われる証拠が発見されたが、円山は交通事故を起こしたショックで、部分的に記憶を失っていた。

 その後、ゴシップ系動画配信者・菱田が円山の不倫を暴露して円山が人生をめちゃくちゃにされていたことが判明する。菱田は行方不明になっており、朱梨と風早は、円山の記憶を取り戻すため身辺を調べ始めて……と展開した。

 松井さん演じる紫織は、朱梨の七つ年上の姉。自宅に押し入った男によって両親が殺害されてしまった15年前の事件以降、感情を失ってしまっている。ラストでは、病院のベッドの上で、一点を見つめていた紫織の目から涙がこぼれ落ちる様子が映し出された。

 SNSでは、「感情を失ってるお姉ちゃんから涙が……」「いつにも増して松井玲奈ちゃんの芝居がすごすぎて鳥肌たってる」「無感情の演技」「松井玲奈さんが出てくるとドラマがピリッと引き締まる気がしますね~惹きつけられて目が離せなくなる」といった感想が書き込まれ、盛り上がりを見せていた。

テレビ 最新記事