純愛ディソナンス:“路加”佐藤隆太VS“愛菜美”比嘉愛未 結婚記念日の危険な賭け事にSNS沸く(ネタバレあり)

連続ドラマ「純愛ディソナンス」第5話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 2
連続ドラマ「純愛ディソナンス」第5話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さんが主演する連続ドラマ「純愛ディソナンス」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第5話が、8月11日に放送された。新田愛菜美(比嘉愛未さん)が夫・正樹(中島さん)との結婚記念日を利用して、路加雄介(佐藤隆太さん)と賭け事をする展開が描かれ、視聴者の注目を集めた。

 ◇以下、ネタバレがあります

 ドラマは、主人公とヒロインの純愛が不協和音を生み、ドロドロした展開となっていく“純ドロ”ストーリー。第1部は高校を舞台に青春、恋、サスペンスを描き、第3話から始まった第2部では、5年後を舞台に大人の人間模様を描く。

 第5話では、正樹と和泉冴(吉川愛さん)の過去を知る路加が、愛菜美に「結婚記念日に和泉とご主人を2人きりにしても何も起きないかな?」と賭けを提案。愛菜美も「面白そう」と話に乗り、作戦を実行することになった。

 路加は、正樹に持ちかけた新事業の一環として出張に連れ出す。路加の元で働く冴もアシスタントとして同行させた。路加は途中でトラブルが起きたとうそをつき、2人を置いてその場を後に。冴が宿泊予定だったホテルの部屋もキャンセルし、正樹の部屋だけが残るようにして……と展開した。

 「何か起きる」に賭けた路加と、「何も起きない」に賭けた愛菜美。さらに、路加が勝てば「愛菜美と一晩過ごすこと」、愛菜美が勝てば「自分の言うことを何でも聞くこと」をそれぞれ条件にしていた。

 「この賭け、たぶん俺が勝つよ」と自信をのぞかせていた路加だったが、結局、正樹は冴を残して先に帰り、2人の間には何も起こらなかった。結婚記念日を利用した刺激的な賭け事は、愛菜美が勝利する形で幕を閉じた。

 SNSでは、路加と愛菜美に対して「完全に路加と愛菜美のゲームの駒にされちゃってる冴ちゃんと正樹……」「たくらみがすぎる」「どちゃくそかき乱しますね〜!」といった声が上がった。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事