純愛ディソナンス:“晴翔”藤原大祐の正体明らかに 5年前の事件にも新事実 「まじかよ」「急展開すぎる」と驚きの声(ネタバレあり)

連続ドラマ「純愛ディソナンス」第10話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 2
連続ドラマ「純愛ディソナンス」第10話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さんが主演する連続ドラマ「純愛ディソナンス」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第10話が、9月15日に放送された。村上晴翔(藤原大祐さん)の正体と、5年前の事件の新事実が明らかになり、視聴者から驚きの声が相次いだ。

 ◇以下、ネタバレがあります

 ドラマは、主人公とヒロインの純愛が不協和音を生み、ドロドロした展開となっていく“純ドロ”ストーリー。第1部は高校を舞台に青春、恋、サスペンスを描き、第3話から始まった第2部では、5年後を舞台に大人の人間模様を描く。

 同話では、新田正樹(中島さん)が加賀美理(眞島秀和さん)と再会。5年前、2人は桐谷高校で教師として働いていた。加賀美は和泉冴(吉川愛さん)たちが在籍する2年3組の担任で、正樹は副担任を務めていた小坂由希乃(筧美和子さん)の後任として赴任した。

 由希乃は正樹にとって、亡くなった兄の恋人でもあった。由希乃には何か事情があるようで、正樹しか頼れる人がいないと自らの後任を託した。しかし、その後突然姿を消してしまう。実は由希乃は加賀美と不倫関係にあり、仲がもつれたことをきっかけに死を遂げたのだった。

 責任を感じた加賀美は自殺を図るが、事実を知った正樹によって制止され、警察に逮捕される結末に。5年後の現在は服役中だったが、そんな加賀美から「すぐそばに禍(わざわい)が迫っている。過去からは、逃げられない」と書かれた手紙が届き、正樹はその意味を尋ねようと加賀美に会いに行く。すると加賀美から、「君を呪っている人間がいるかもしれない。すぐそばで、今この瞬間も」と告げられた。

 結局、手紙の意味は分からないままだったが、その後、加賀美の言葉を思い出させる出来事が起こる。義兄の碓井北都(和田正人さん)のPCから、“Hermit(ハーミット)”という差し出し人から冴と正樹の過去を暴露するメールが見つかったのだ。

 冴の身を案じた正樹はHermitの正体を調べ始め、冴の幼なじみ・朝比慎太郎(高橋優斗さん)は、シェアハウスで共に暮らす晴翔を怪しむ。晴翔のリュックの中を見てみると、加賀美と並んだ晴翔の写真が。なんと、晴翔は加賀美の息子だったのだ。

 それから、正樹の携帯に晴翔から「冴ちゃんと一緒にいます」と留守電が入る。晴翔は冴と一緒に、冴の母校を訪れていた。そこで晴翔は、正樹と不倫関係にある冴に「あんたそっくりだよ、小坂ってやつに」と言い放ち、自分が加賀美の息子であることを告白。さらに、加賀美と小坂の不倫で心を壊していた母親のために、晴翔は小坂を殺害したことを明かして……と展開した。

 SNSでは「まじかよ」「さすがにハルトが真犯人とは思わなんだ」「急展開すぎる」と話題に。「こわすぎ」「鳥肌立った」「なにこのホラーサスペンス展開」と視聴者を戦慄(せんりつ)させた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事