後宮の烏:テレビアニメが10月1日スタート 追加キャストに島崎信長、岡本信彦 キービジュアル公開

「後宮の烏」のキービジュアル(C)白川紺子/集英社,「後宮の烏」製作委員会
1 / 9
「後宮の烏」のキービジュアル(C)白川紺子/集英社,「後宮の烏」製作委員会

 白川紺子さんの小説が原作のテレビアニメ「後宮の烏」が、10月1日からTOKYO MXほかで順次、放送されることが分かった。島崎信長さんが高峻(こうしゅん)に使える宦官(かんがん)の温螢(おんけい)、岡本信彦さんが同じく高峻に使える淡海(たんかい)をそれぞれ演じることも発表された。烏妃(うひ)と呼ばれる寿雪(じゅせつ)らが描かれたキービジュアルも公開された。

 島崎さんは「温螢はその美しい見目も相まって、冷たく硬い印象を受けますが、その実彼はとても……。寿雪様と出会い、守っていく中で、彼の人間性がどう表れていくか、どう変わっていくか、ぜひ見届けていただけたら幸いです」とコメント。

 岡本さんは「実在した歴史のようなリアルな空気感の中に、魔術や呪術のようなファンタジーが同居している。そんな作品です。その中でも淡海というキャラクターはどこかひょうひょうとしつつも、根底には優しさや芯の強さを持つ人になります。耽美(たんび)な世界を楽しみに待っていてください」と話している。

 同作は、若き皇帝・高峻がある依頼のため、後宮の奥深くで暮らし、烏妃と呼ばれる寿雪を訪れる……というストーリー。集英社オレンジ文庫(集英社)から刊行されている。シリーズ累計発行部数は120万部以上。アニメは「銀魂」などの宮脇千鶴さんが監督を務め、BN Picturesが制作する。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:宮脇千鶴▽シリーズ構成:大島里美▽キャラクター原案:香魚子▽キャラクターデザイン:竹内進二▽小物設定:中村ユミ▽美術設定:河野次郎▽美術監督:中村典史▽色彩設計:歌川律子▽撮影監督:渡辺有正▽編集:白石あかね▽音響監督:明田川仁▽音楽:橘麻美▽制作:BN Pictures

 ◇キャスト(敬称略)

 柳寿雪:水野朔▽夏高峻:水中雅章▽衛青:八代拓▽九九:高野麻里佳▽温螢:島崎信長▽淡海:岡本信彦

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画