-50kgのシンデレラ:最終話 “陽芽”大原優乃、“宰”犬飼貴丈に全てを打ち明ける

オリジナルドラマ「-50kgのシンデレラ」最終話の一場面(C)Paravi
1 / 15
オリジナルドラマ「-50kgのシンデレラ」最終話の一場面(C)Paravi

 俳優の犬飼貴丈さんと女優の大原優乃さんダブル主演のParaviドラマ「-50kgのシンデレラ」最終第8話の配信が9月23日に始まった。

 佐伯陽芽(大原さん)は、企画したイベントが成功したらもう一度話す時間が欲しいと富士崎宰(犬飼さん)に伝える。だが、発注先のミスで、イベントで配る商品サンプルのパッケージの納品が間に合わないことが発覚。

 窮地に立たされる陽芽は手先の器用さを活かしてラッピングを手作りする。宰や田嶋(綱啓永さん)らと力を合わせて、イベントは大盛況だった。加奈子(谷まりあさん)に背中を押された陽芽は宰に全てを打ち明けて……。

 原作は累計140万部超の同名マンガ(作・望月いくさん、画・紅月りと。さん/スターツ出版)。一目ぼれした彼に近付きたくて50キロ減量した、大原さん演じるぽっちゃり女子・佐伯陽芽と、犬飼さん演じるイケメン御曹司・富士崎宰のオフィスラブストーリー。

写真を見る全 15 枚

テレビ 最新記事