silent:風間俊介が物腰柔らかな手話講師に “生徒”川口春奈の姿によみがえる感情が 

連続ドラマ「silent」で春尾正輝を演じる風間俊介さん(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「silent」で春尾正輝を演じる風間俊介さん(C)フジテレビ

 女優の川口春奈さん主演の連続ドラマ「silent」(フジテレビ系、木曜午後10時)が10月6日に始まる。昨年「フジテレビヤングシナリオ大賞」を受賞した新人脚本家・生方美久さんのオリジナル作。主人公が耳の難病を抱える元恋人と再会し、現実と向き合いながら共に乗り越えていく、切なくも温かいラブストーリーだ。

 ここでは、俳優の風間俊介さん演じる春尾正輝を紹介する。

 ◇就活機に手話に触れる 主人公の先生に


 春尾は物腰柔らかく善人の雰囲気をまとうが、元々は他人に興味を示さないタイプ。友達付き合いも恋愛も人並みに何となくこなしてきた。中途半端な企業に就職するのが嫌という理由で、大志も無く大学院まで進むなどプライドが高い一面も。

 就活に役立てば、という気持ちで聴覚障害学生への授業補助ボランティアに参加。この経験を生かし、今は主人公・青羽紬(川口さん)の通う手話教室の講師。大切に思う相手のために手話を覚えようとする紬の姿にさまざまな感情がよみがえる。

 ◇初回ストーリー

 高校時代、佐倉想(目黒蓮さん)の声と紡ぐ言葉に引かれた紬。3年生で同じクラスになり、中学からの幼なじみ・戸川湊斗(鈴鹿央士さん)の紹介もあって距離を縮める。共通の趣味・音楽をきっかけに仲良くなった2人は、かけがえのない時間を過ごしていた。

 大学進学時、東京と群馬で離れ離れになるも、心配していなかった紬。だが想から一方的に別れを告げられる。振られた理由も分からず、心残りはあった。でも、8年後の今は湊斗と幸せな日々を送り、2人の将来を考えるようになっていた。

 ある日、紬は駅で想を偶然見掛ける。思わず声を掛けるが、その声は届いていなかった。なぜなら彼は……。

 初回は15分拡大で放送される。

テレビ 最新記事