silent:篠原涼子が家族思いの母親に “息子”目黒蓮の異変をいち早く察知 病気と向き合う覚悟も

連続ドラマ「silent」で佐倉律子を演じる篠原涼子さん(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「silent」で佐倉律子を演じる篠原涼子さん(C)フジテレビ

 女優の川口春奈さん主演の連続ドラマ「silent」(フジテレビ系、木曜午後10時)が10月6日に始まる。昨年「フジテレビヤングシナリオ大賞」を受賞した新人脚本家・生方美久さんのオリジナル作。主人公が耳の難病を抱える元恋人と再会し、現実と向き合いながら共に乗り越えていく、切なくも温かいラブストーリーだ。

 ここでは、女優の篠原涼子さん演じる佐倉律子を紹介する。

 ◇自分よりも家族を優先する母親 息子の病気に自己嫌悪も

 律子は自分より家族を大切に生きてきた母親。律子にとって、いつも穏やかで周囲への気配りを忘れない長男想(目黒蓮さん)は自慢の息子だ。

 一方、自由奔放でいつも気兼ねなく話をできる長女華(石川恋さん)、次女萌(桜田ひよりさん)に比べ、優しさからあまり本音を明かさない想にさみしさを感じることも。

 想の耳の異変に誰よりも早く気付いた律子はすぐに病院に連れて行く。医師に「若年発症型両側性感音難聴」と告げられ、遺伝性の可能性もあると聞いて自己嫌悪に陥る。しかし、想のため、自分なりに病気と向き合う覚悟を決める。

 ◇初回ストーリー

 高校時代、佐倉想(目黒さん)の声と紡ぐ言葉に引かれた紬。3年生で同じクラスになり、中学からの幼なじみ・戸川湊斗(鈴鹿央士さん)の紹介もあって距離を縮める。共通の趣味・音楽をきっかけに仲良くなった2人は、かけがえのない時間を過ごしていた。

 大学進学時、東京と群馬で離れ離れになるも、心配していなかった紬。だが想から一方的に別れを告げられる。振られた理由も分からず、心残りはあった。でも、8年後の今は湊斗と幸せな日々を送り、2人の将来を考えるようになっていた。

 ある日、紬は駅で想を偶然見掛ける。思わず声を掛けるが、その声は届いていなかった。なぜなら彼は……。

 初回は15分拡大で放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画