爆竜戦隊アバレンジャー:20年ぶり新作を製作、来年、期間限定上映へ アバレッド新フォームも登場

Vシネクスト「爆竜戦隊アバレンジャー20th 許されざるアバレ」のティザービジュアル(C)2023東映ビデオ・バンダイ・東映AG・東映 (C)東映
1 / 11
Vシネクスト「爆竜戦隊アバレンジャー20th 許されざるアバレ」のティザービジュアル(C)2023東映ビデオ・バンダイ・東映AG・東映 (C)東映

 2003年2月~2004年2月に放送されたスーパー戦隊シリーズ「爆竜戦隊アバレンジャー」(テレビ朝日系)の新作Vシネクスト「爆竜戦隊アバレンジャー20th 許されざるアバレ」(東映)が、2023年に期間限定上映されることが10月30日、明らかになった。

 20年後の地球に出現した新たな脅威に立ち向かうべく、凌駕(西興一朗さん)、幸人(富田翔さん)、らんる(いとうあいこさん)、アスカ(阿部薫さん)、壬琴(田中幸太朗さん)が再集結。5人がアバレンジャーとして戦う姿を描く。「恐竜や」の店員で、戦闘をサポートしていたえみポンこと笑里(西島未智さん)も登場。アバレッドの新フォーム「超アバレマックス」も披露する。公開された特報には、アバレンジャー5人の現在も収められている。

 放送時にメインライターだった荒川稔久さんが脚本を担当。映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」「貞子DX」などの木村ひさしさんが監督を務める。木村さんは東映の特撮作品で初監督。アプリサービス「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」では、新作のスピンオフドラマも配信される。

 また、2024年3月27日にブルーレイディスク(BD)とDVDが発売されることも決定。通常版のほか、超爆竜プレートとフォトカードセットが付属した超爆竜プレート版も同時発売される。価格は通常版BDが6000円、DVDが4500円、超爆竜プレート版BDが1万3000円、DVDが1万1500円。劇場先行販売となるDVDも発売予定で、価格は4500円(価格はすべて税抜き)。

写真を見る全 11 枚

アニメ 最新記事