クロサギ:第3話は「クロサギの顔」と「黒崎の顔」に注目 監督も「やられた!」平野紫耀の魅力的な笑顔も

連続ドラマ「クロサギ」第3話のワンシーン(C)TBS
1 / 3
連続ドラマ「クロサギ」第3話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「King & Prince」の平野紫耀さん主演の連続ドラマ「クロサギ」(TBS系、金曜午後10時)の第3話が11月4日に放送される。“クロサギ”の主人公・黒崎高志郎(平野さん)が、強敵となる“シロサギ”白石陽一(山本耕史さん)と直接対決を繰り広げる。本作を手がける武田梓プロデューサーが見どころや注目シーンを語った。

 武田さんは「初の苦戦を強いられる黒崎と、一筋縄ではいかないくせ者・白石の攻防戦、そして終盤には物語のキーとなる御木本(坂東彌十郎さん)への手がかりも登場し、大きく展開していきます」とアピール。劇中では、白石がペンを回す様子も描かれるが、「山本耕史さんの発案。頭が切れるので、手先も器用なのではという設定」だと話した。

 一方で、黒崎の過去を知った吉川氷柱(黒島結菜さん)の思いはどんどん複雑に。武田さんは「自分を思って涙を流す氷柱を目の当たりにしたとき、黒崎は何を思うのか? 白石と詐欺師同士の世界を生きているときの『クロサギの顔』、そして氷柱の言葉を受け止めるときの『黒崎の顔』。この違いが、黒崎にとっては図らずも色濃く出始めてしまう回です」と説明し、「詐欺師の世界で生きる黒崎にとって、それは何を意味するのか? それによって黒崎が桂木(敏夫、三浦友和さん)に対して明確な『恐怖』を覚えるシーンがあるので、そこにもご注目ください」と語った。

 また、「黒崎がシロサギの情報を聞き出すために、受付のお姉さんを“落とす”シーン」も登場するという。武田さんは「台本には『黒崎、魅力的な笑顔で』と書かれていました。一同の期待を一身に背負って黒崎が放ったこん身の『魅力的な笑顔』にも注目してみてください。監督も『俺がやられた!』と大満足でした」と明かした。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事