ザ・トラベルナース:紅しょうがを差し出す“静”中井貴一 “真都”菜々緒は「ストーカーですか?」 二人の掛け合いに視聴者「面白すぎる」

連続ドラマ「ザ・トラベルナース」第4話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「ザ・トラベルナース」第4話の一場面=テレビ朝日提供

 岡田将生さん主演の連続ドラマ「ザ・トラベルナース」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第4話が11月10日に放送され、謎多きスーパーナース・九鬼静(中井貴一さん)に対しての外科医・郡司真都(菜々緒さん)の「ストーカー」発言に、視聴者から「笑った」「ホント、ストーカーだよなw」といった声が上がった。

 同話では、末期の大腸がん患者・四方田和子(岸本加世子さん)が入院するも、和子のがんは根治手術が難しいほど進行しており、医師たちは和子を緩和ケアに特化した病院へ移すべきと判断する。真都は病院の方針に納得がいかない。しかし、手術を求める和子に、手術は難しいと伝えた。

 和子に非情な宣告をした真都だが、自身も落ち込んだ。病院の屋上でランチの焼きそばパンを食べようとしていると、静がやって来る。静は唐突にパックの紅しょうがを差し出して、「郡司先生は以前、テークアウトの牛丼に大量の紅しょうがを乗せておられていたので。それでは足りないんじゃないかと思いましてね」とほほ笑む。

 紅しょうがを受け取った真都は「ストーカーですか?」と苦笑い。静はハハハと笑い飛ばして、「ナースは患者さんだけでなく、医者のこともよーく見ていますから」と述べた。その後、静は真都に対し、自身の判断に「本当に納得しているのか」と問う。そして「自分の考えを貫かず、患者さんから逃げようとするドクターは無責任なただのバカドクターです」と、厳しい言葉をかけながらも、真都の背中を押した。その言葉を受けて、真都は和子の手術を決断した。 

 SNSでは「紅しょうがまで!よく見てるなぁ」「紅しょうがまで見てたのwwwww」「郡司先生に『バカ』『バカ』と本気で言い放つ静さん面白すぎる」といったコメントも並んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画