一ノ瀬家の大罪:「タコピーの原罪」タイザン5 新連載が「ジャンプ」に 新時代ホームドラマ

タイザン5さんの新連載「一ノ瀬家の大罪」がスタートした「週刊少年ジャンプ」50号(C)週刊少年ジャンプ2022年50号/集英社
1 / 2
タイザン5さんの新連載「一ノ瀬家の大罪」がスタートした「週刊少年ジャンプ」50号(C)週刊少年ジャンプ2022年50号/集英社

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で話題になった「タコピーの原罪」のタイザン5(ファイブ)さんの新連載「一ノ瀬家の大罪」が、11月14日発売の「週刊少年ジャンプ」(同)50号でスタートした。

 新連載「一ノ瀬家の大罪」は同号の表紙に登場。「新時代ホームドラマ」「ハートフルファミリーストーリー!」と紹介された。

 「週刊少年ジャンプ」では、50号から豪華作家による新連載が4号連続でスタートすることが発表されており、第1弾としてタイザン5さんの「一ノ瀬家の大罪」が連載を開始した。

 11月21日発売の51号では、アニメも人気の小説「<物語>シリーズ」などで知られる西尾維新さんが原作、岩崎優次さんが作画を担当する「暗号学園のいろは」、28日発売の52号では、テレビアニメ化もされた「ジモトがジャパン」などの林聖ニさんの「イチゴーキ!操縦中」、12月5日発売の2023年1号では、同誌の企画「第15回J金未来杯(ジャンプゴールドフューチャーカップ)」を受賞した江ノ島だいすけさんの「人造人間100」が連載をスタートする。

写真を見る全 2 枚

マンガ 最新記事