鎌倉殿の13人:長澤まさみOPナレ、いつもと違ってた? 「ちょっとずつ大きくなってきている」の声も 残りは3回

放送は残りは3回となったNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」最終章ビジュアル
1 / 1
放送は残りは3回となったNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」最終章ビジュアル

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第45回「八幡宮の階段」が11月27日に放送され、オープニングタイトルバックを締めくくる長澤まさみさんのナレーション(語り)に対して、「いつもと違ってた」といった声も上がった。

 長澤さんは同回で、「実朝(柿澤勇人さん)の右大臣就任を祝う武家の都。しかし、三代鎌倉殿代替わりで生まれた歪(ゆが)みは、取り返しのつかないところまで来ていた。復讐(ふくしゅう)の刃(やいば)が向かう先は――」と語った。

 SNSでは「あれ、長澤まさみさんのナレーション、今週ヒソヒソしてなくない?」「長澤まさみのナレーション今週ちょっと力んでいない?」「長澤まさみナレーションがハキハキと感じる」「いつもはもっとささやく感じ」などと視聴者は反応。

 また、「長澤まさみの語りがやや早口。緊迫感が増す」「長澤まさみちゃんのナレーションが力強くなった」「OP後の長澤まさみ嬢のナレーション声、今までは“隣の部屋でヒソヒソ話してる使用人のようなささやき声”だったのが、心なしか以前より大きくハッキリしてきてないか?」「最近なんだかがちょっとずつ声大きくなってきている長澤まさみナレーション」といった感想も書き込まれた。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 第45回では、雪の鶴岡八幡宮での惨劇が描かれ、公暁(寛一郎さん)が、源仲章(生田斗真さん)と実朝を次々と殺害。ドラマの放送開始からわずか10分の出来事で、その後、公暁は「四代目鎌倉殿」を名乗るも、謀反人となり、最後は、三浦義村(山本耕史さん)に背後から刺され、命を落とした。

 ドラマは残り3回となっている。

テレビ 最新記事