M-1グランプリ:決勝進出9組発表 新顔は5組 過去最多7261組がエントリー

「M-1グランプリ2022」の決勝に進出した9組 (C)M-1グランプリ事務局
1 / 10
「M-1グランプリ2022」の決勝に進出した9組 (C)M-1グランプリ事務局

 漫才コンテスト「M-1グランプリ2022」(ABC・テレビ朝日系)の会見が11月30日、東京都内で開かれ、決勝に進出する9組が発表された。大会史上最多となる7261組の中から、お笑いコンビ「ダイヤモンド」「男性ブランコ」「カベポスター」「ロングコートダディ」「さや香」「真空ジェシカ」「キュウ」「ウエストランド」「ヨネダ2000」が決勝に進んだ。敗者復活戦を勝ち抜いた1組を加えた10組で争われる決勝は、12月18日午後6時34分からABC・テレビ朝日系で生放送される。


 ダイヤモンド、男性ブランコ、カベポスター、キュウ、ヨネダ2000の5組は初の決勝進出。真空ジェシカとロングコートダディは2年連続2回目、さや香は2017年以来2回目、ウエストランドは2020年以来2回目の決勝となる。

 「M-1グランプリ」は2001年からスタートし、これまで「中川家」や「フットボールアワー」「ブラックマヨネーズ」「サンドウィッチマン」「霜降り明星」らがグランプリを受賞するなど、人気コンビを数多く輩出してきた。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事