渡辺徹さん:敗血症のため61歳で死去 「太陽にほえろ!」ラガー刑事、「秀吉」前田利家、「スーパーマリオクラブ」など

渡辺徹さん
1 / 1
渡辺徹さん

 俳優の渡辺徹さんが11月28日、敗血症のため死去した。61歳。葬儀は遺族の意思により既に執り行われた。お別れの会については、後日行う予定。

 栃木県生まれ。1980年に文学座演劇研究所に入り、1981年のドラマ「太陽にほえろ!」(日本テレビ系)のラガー刑事役で鮮烈なデビューを飾り、その後もNHK大河ドラマ「春日局」や「秀吉」などに出演。文学座座員としても数多くの舞台に出演し、「功名が辻」などで2000年度の菊田一夫演劇賞を受賞した。

 歌手としても活躍し、1982年にリリースした「約束」は、「アーモンドチョコレート」(グリコ)のCMソングに採用され、自身が出演したCMとともに話題を集め、司会者としても「スーパーマリオクラブ」(テレビ東京系)などでお茶の間の人気者となった。

 私生活では1987年にタレントの榊原郁恵さんと結婚。おしどり夫婦として知られ、息子の渡辺裕太さんもタレントとして活躍している。

芸能 最新記事