Get Ready!:松下奈緒がすご腕のオペナースに “エース”妻夫木聡と2人でオペ

連続ドラマ「Get Ready!」で依田沙姫を演じる松下奈緒さん(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「Get Ready!」で依田沙姫を演じる松下奈緒さん(C)TBS

 1月8日にTBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で始まる俳優の妻夫木聡さん主演の連続ドラマ「Get Ready!」。正体不明の闇医者チームの姿を通して生きる意味を問うオリジナルのダーク医療エンターテインメントだ。

 松下奈緒さん演じる、「クイーン」こと依田沙姫(よだ・さき)を紹介する。

 ◇腕は超一流のオペナース 過去は謎…

 依田は、すご腕のオペナース。過去は謎に包まれているが、腕は超一流。チームの執刀医「エース」こと波佐間永介(妻夫木さん)と2人だけでオペを行う。

 相手が誰であろうと自分の言いたいことをストレートにぶつけられる強い女性。「エース」には皮肉も言える間柄。「ジョーカー」こと下山田譲(藤原竜也さん)とも友好的な関係を築いている。

 ◇初回ストーリー

 エース・永介は、表の顔は「カーサブランシェ」のパティシエ、裏の顔は法外な報酬と引き換えに違法なオペをする闇医者チームの執刀医だ。ある日、副総理の羽場(伊武雅刀さん)が大学病院に運ばれた。一命は取り留めたものの、院長の剣持(鹿賀丈史さん)から「二度と歩くことはできない」と告げられる。

 憤慨する羽場の前に、患者にエースのオペの条件を提示する交渉人ジョーカーが現れた。交渉が成立するかに見えた矢先、エースが現れ「お前に生き延びる価値はあるのか?」と羽場に問う。

 闇医者チームの次の標的は、投資家の渋谷(池松壮亮さん)。渋谷は、突然の余命宣告を受けて人生に絶望していて……。

テレビ 最新記事