どうする家康:第3回のキーマンか? 寺島進“水野信元”は愛嬌のある伯父さん 世渡り上手で戦国を生き抜く

2023年大河ドラマ「どうする家康」で寺島進さん演じる水野信元 (C)NHK
1 / 1
2023年大河ドラマ「どうする家康」で寺島進さん演じる水野信元 (C)NHK

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマどうする家康」(総合、日曜午後8時ほか)第3回「三河平定戦」が1月22日に放送される。同回から、俳優の寺島進さん演じる水野信元が登場。松平元康(松本さん)と、16年前に生き別れた元康の母・於大(松嶋菜々子さん)を再会させるが……。

 第3回では、故郷の岡崎へ戻った元康は、打倒・信長(岡田准一さん)を決意するが、弱小の松平軍はまったく歯が立たない。一方、今川氏真(溝端淳平さん)は援軍をよこさず、本多忠勝(山田裕貴さん)らは、織田に寝返るべきだと言い始め、駿府に瀬名(有村架純さん)を残す元康は、今川を裏切れないと悩む。

 そんな中、信元が岡崎城にある人を連れて来る……。

 寺島さん演じる信元は、織田家に味方する三河の国人領主。家康の母・於大の兄にあたる。乱世を渡り歩いた度胸とズルさの持ち主。時折、信長の代理と称して、家康(元康)のもとを訪れては物腰柔らかく脅しをかけ、ビビらせては楽しむ、愛嬌(あいきょう)のある伯父さん。キャッチコピーは「世渡り上手で戦国を生き抜く」だ。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」(共にフジテレビ系)シリーズなどの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。

テレビ 最新記事