佐野勇斗:実写「おとなりに銀河」で主演 テレビアニメ化も話題の恋物語

4月3日スタートのドラマ「おとなりに銀河」で主演を務める佐野勇斗さん=NHK提供
1 / 1
4月3日スタートのドラマ「おとなりに銀河」で主演を務める佐野勇斗さん=NHK提供

 俳優の佐野勇斗さんが、4月3日からNHK「夜ドラ」枠(総合、月~木曜10時45分)で放送される「おとなりに銀河」で主演を務めることが1月26日、分かった。「good!アフタヌーン」(講談社)で連載中の雨隠ギドさんの同名マンガの実写化。売れないマンガ家・久我一郎と、不思議な力を持つ「流れ星の民の姫」を名乗る五色しおりの恋物語で、佐野さんは一郎を演じる。今作は、4月からテレビアニメが放送されることでも話題になっている。

 幼い妹弟を養うため、必死にマンガを描く日々を送っている一郎のもとに、美しいアシスタント・しおりが現れる。しかし、しおりの体からはトゲのようなものが出ていた。一郎がそれに触れると、しおりは「トゲに触れたことで二人の婚姻関係の契りが結ばれました」と一郎に告げ……というストーリー。

 佐野さんは「原作を読ませていただいたのですが、不思議な姫と恋をする……なんともファンタジーでそして、登場人物が皆周りの人を思いやる、とても温かい物語だなと思いました。学校や仕事が終わった後に皆さんがクスッと笑え、心温かくなり『さぁ明日も頑張るぞ!』という気持ちになっていただけたらなと思います。ぜひ楽しみにしておいてください!」とアピールした。

 4月3日から全32話、各話15分で放送する。

マンガ 最新記事