映画刀剣乱舞-黎明-:本予告公開 刀剣男士が現代へ 酒呑童子役に中山咲月 秋田汐梨、柳美稀が“仮の主”に

「映画刀剣乱舞-黎明-」のビジュアル(C)2023 「映画刀剣乱舞」製作委員会/NITRO PLUS・EXNOA LLC
1 / 4
「映画刀剣乱舞-黎明-」のビジュアル(C)2023 「映画刀剣乱舞」製作委員会/NITRO PLUS・EXNOA LLC

 人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案とした実写映画の第2弾「映画刀剣乱舞-黎明-」(耶雲哉治監督、3月31日公開)の本予告がYouTubeで公開された。本予告では、西暦2205年から、藤原道長らが生きた995年、2012年の現代とあらゆる時代が映し出され、渋谷のスクランブル交差点に時間遡行軍が侵略してくる衝撃のシーンが描かれている。刀剣男士らも現代の東京へ舞い降りることになるという。三日月宗近ら刀剣男士10振りが夜明けの天空から降り立つ本ビジュアルも公開された。同作のMX4D版、4DX版が公開初日から上映されることも分かった。

 追加キャストも発表され、特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系)で亡(なき)/仮面ライダー亡を演じて話題になった中山咲月さんが、山姥切国広に呪いをかける酒呑童子を演じることが分かった。女優の秋田汐梨さんと柳美稀さんが、現代で刀剣男士を手助けする“仮の主”を演じる。お笑いコンビ「ラバーガール」の飛永翼さんも出演する。

 ロックバンド「BLUE ENCOUNT」が、主題歌「DESTINY」を担当する。ボーカルとギターを担当する田邊駿一さんは、登場人物の迫力あるせりふ回しや、つばぜり合いを見て「私はこの時点でこの作品に恋をしました。全ての登場人物が自分の運命と戦っているその生き様に。まどろこしいことは何もありません。今回、この作品への楽曲を書けた原動力はその恋心だった気がします。男士(おとこ)の漢(おとこ)に敬意を込めて、私も負けぬように運命という名の旋律を紡ぎました」と思いを語っている。

 耶雲監督は、主題歌について「『明日へとつながる希望』を感じる曲に。これが、私から映画主題歌への唯一のリクエストでした。しかし、出来上がってきたのは私の要望をはるかに超えた美しく強くはかなく壮大な世界観の曲『DESTINY』。映画の物語をさらに深くするのはもちろん、楽曲それ自体にも深い物語を感じさせる。この素晴らしい主題歌に出会えた運命に本当に感謝です。きっと、これからも、いつまでも、1000年先も愛され続けることでしょう」と話している。

 実写映画第2弾は、藤原道長が栄華を極めた平安期の京都、現代の東京を舞台に刀剣男士たちの活躍が描かれる。道長と安倍晴明の密談により、大江山に住む鬼・酒呑童子の討伐を命じられた源頼光たちは、歴史改変をもくろむ歴史修正主義者が放った時間遡行軍に道を阻まれるも、刀剣男士たちに助けられる……という展開。

 「刀剣乱舞」は、名だたる刀剣が戦士に姿を変えた刀剣男士を育成しながら歴史を守るために戦う人気ゲームで、2015年に配信が始まった。ミュージカル、舞台、アニメ、マンガなどさまざまなメディアミックスが展開されている。実写映画第1弾「映画刀剣乱舞-継承-」は、2019年1月に公開され、興行収入が約9億4000万円を記録するなどヒットした。

 ◇小坂崇氣(でじたろう)プロデューサーのコメント

 「刀剣乱舞-ONLINE-」は、多くのお客様にプレーいただいたおかげをもちまして、2023年1月に8周年を迎えることができました。この場をお借りして改めてお礼申し上げます。8周年を記念してお届けする『映画刀剣乱舞-黎明-』は、新型コロナ感染拡大による未曽有の状況の中で本格的に企画が走り出しました。コンテンツにできることとは何かを常に考えていたように思います。私たちは日々、学校で、家庭で、職場で、さまざまな場所で、誰しもが懸命に戦っています。そのような誰かを少しでも元気にさせることができるのは、同じく懸命に戦う姿かもしれない。そう考えて、刀剣乱舞を作り始めました。

 本作でもそれを大切に踏襲しながら、戦う仲間に現代の人々が加わります。「平安」から1000年の時を越えての「現代」への出陣を、東宝さんが目標とされていた、刀剣乱舞をご存じなくても楽しんでいただけるエンターテインメント映画にすることを、耶雲監督をはじめ出演者や多くのスタッフが念(おも)いを込めて実現くださっていると思います。ぜひ刀剣乱舞の世界の入り口としてご覧いただければと思いますし、これもまた刀剣乱舞の可能性の中の一つとしてお楽しみいただけますと幸いです。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事