柊太朗:「ドンブラザーズ」“犬塚翼”が初カレンダー “ソノニ”宮崎あみさとの逃亡シーンとその後語る

カレンダー発売記念イベントを開催した柊太朗さん
1 / 8
カレンダー発売記念イベントを開催した柊太朗さん

 2月26日に最終回を迎えたスーパー戦隊シリーズの46作目「暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ」(テレビ朝日系)で、イヌブラザー/犬塚翼役を演じた柊太朗さんが3月25日、東京都内で4月始まりのカレンダー「柊太朗2023年カレンダー」(ユニ・エンタテインメント)の発売記念イベントを開催した。取材に応じた柊太朗さんは「ドンブラザーズ」の最終回で、ソノニ(宮崎あみささん)と一緒に逃亡したシーンやその後についての思いや自分なりの解釈を明かした。

ウナギノボリ

 最終回での犬塚翼とソノニの逃亡シーンについて、柊太朗さんは「ソノニがちょっと笑顔だけど、犬塚翼は笑顔じゃなく危なかっしそうな顔をしているのが、より対照的ですてきだなって」と振り返り、「最後ソノニが報われて良かったというのは、視聴者目線ではありますね」と感想を語った。

 さらに犬塚翼とソノニの関係がどうなっていると思うか聞かれた柊太朗さんは「付き合う付き合わないはあまり関係なく、2人ともがお互いを思っているのだろうなというのは感じた」といい、「深掘りはしていませんが、一緒についてきた分、面倒見なきゃいけないのだろうなという心情は、犬塚翼としてあると思います」と分析していた。

 また、宮崎さんにカレンダーを見せたか聞かれると、「あみさからは一年を通していろんな報告があり、前に会う機会があった際、『写真集出すんだ』『カレンダー出すんだよ』と、ちょっとだけ情報交換はしました」と互いに活動を報告し合っていることを明かした。

 そんな柊太朗さんだが、「最近はGロッソとかでもあまり話せていなかくて、見て感想とかはお互いまだですね」と残念がるも、同じ日に(樋口)幸平がやっていて、『一緒だね』みたいな話はしまたね」とドンモモタロウ/桃井タロウ役の樋口さんが同日にカレンダー発売イベントを開催したことに触れるなど、キャスト同士の仲の良さをうかがわせていた。

 初カレンダーの点数を聞くと、「100点じゃないですかね。120点、150点は来年にとっておきます」とにっこり。「一年を通して1日のデートを楽しめるようになっていて。待ち合わせや水族館デート、旅館に行ったりサービスエリアに寄ったり、シチュエーションを変えていろんなことができたのでは」とアピールした。

 カレンダーのテーマは「旅行」で、柊太朗さんとの旅行気分を楽しめる一冊となっている。今年4月~2024年3月までのカレンダーで、卓上タイプのB6サイズ。オールカラー26ページ。価格は2200円。一部使用写真が異なり、未公開カットがデジタルミニフォトブックとして付属する限定版も発売中。卓上タイプのB6サイズで、オールカラー28ページ。価格は3300円。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画