王様に捧ぐ薬指:第8話視聴率6.7% “綾華”橋本環奈と“東郷”山田涼介がラブラブに戻るも

連続ドラマ「王様に捧ぐ薬指」第8話の一場面 (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「王様に捧ぐ薬指」第8話の一場面 (C)TBS

 橋本環奈さん主演の連続ドラマ「王様に捧(ささ)ぐ薬指」(TBS系、火曜午後10時)の第8話が6月6日に放送され、平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ・以下同)は世帯6.7%、個人は3.9%だった

 原作はわたなべ志穂さんの同名人気マンガ(小学館)。橋本さん演じる“ド貧乏シンデレラ”と、人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん演じる“ツンデレ御曹司”が契約結婚する超打算的なシンデレラストーリー。

 第8話は、神山(坂東龍汰さん)をかばったことで東郷(山田さん)を傷付けた綾華(橋本さん)は、東郷に「出てってくれ」と突き放される。気落ちしながら綾華は実家へ帰る。本当のことを話してほしいと神山に連絡するが返信はなく、八方塞がりになる。

 東郷は父の智宏(利重剛さん)から「ラ・ブランシュ」の社長交代を命じられる。東郷の前に箱根店支配人だった桜庭新(北村匠海さん)が現れる。

 その後、周囲の尽力もあり、東郷は綾華を許し、自宅に戻ることを受け入れるが……と展開した。
 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画