VIVANT:乃木の「目玉焼き」裏話 視聴者「まさか」「料理関連もこだわってますもんね」

連続ドラマ「VIVANT」第7話の一場面(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「VIVANT」第7話の一場面(C)TBS

 日曜劇場「VIVANT(ヴィヴァン)」(TBS系、日曜午後9時)の公式X(ツイッター)で、第7話(8月27日)に登場した主人公・乃木憂助(堺雅人さん)が目玉焼きを作ったシーンの裏話が明かされた。

 第7話では、乃木が自宅で一夜を共にした医師・柚木薫(二階堂ふみさん)に朝食時、おいしい目玉焼きの作り方を教えるシーンが登場。乃木は「目玉焼きはまずザルに卵を割ります。こうすることで白身の水っぽいところが取れます。これでプリッとしたホテルに出てくるような目玉焼きになるんです」と説明した。

 公式Xでは「目玉焼きの作り方は福澤監督監修です」と明かされ、視聴者からは「目玉焼き、まさかの監督監修とは!」「料理関連も監督さんこだわってらっしゃいますもんね」「おいしそうでした! やってみます」といった声が。また、同話では乃木が赤飯を作るシーンもあり「お赤飯のレシピもお願いいたします!」といった声も見られた。

テレビ 最新記事