デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション:劇場版アニメ前後編が2024年春公開 吉田玲子がシリーズ構成・脚本 浅野いにおのマンガが原作

「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」のビジュアル(C)浅野いにお/小学館/DeDeDeDe Committee
1 / 2
「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」のビジュアル(C)浅野いにお/小学館/DeDeDeDe Committee

 「ソラニン」「おやすみプンプン」などで知られる浅野いにおさんのマンガが原作のアニメ「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」が、前後編の劇場版アニメとして2024年春に公開されることが8月31日、分かった。同作がアニメ化されることは発表されていたが、物語の“Xデー”である8月31日に前後編の劇場版として公開されることが明らかになった。浅野さんの作品がアニメ化されるのは初めて。主人公の小山門出と“おんたん”こと中川凰蘭が描かれた「超ティザービジュアル」も公開された。

ウナギノボリ

 アニメのスタッフも発表され、「ぼくらのよあけ」などの黒川智之さんが監督を務め、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のシリーズ構成、「聲の形(こえのかたち)」の脚本などで知られる吉田玲子さんがシリーズ構成・脚本を手がけることが分かった。「夜は短し歩けよ乙女」などの伊東伸高さんがキャラクターデザイン・総作画監督、「ドロヘドロ」で美術監督補佐を務めた西村美香さんが美術監督、「ユーリ!!! on ICE」「キャロル&チューズデイ」などの梅林太郎さんが音楽を担当する。オリジナルアニメ「地球外少年少女」のProduction +h.が制作する。

 黒川監督は「『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』がついにアニメ化! 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』がついにアニメ化! 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』がついにアニメ化! 大事なことなので3回言いました。門出、凰蘭が動く、しゃべる! ご期待ください。はにゃにゃフワ~!」とコメントを寄せている。

 吉田さんは「誰もが、未来も、明日のことすら分からないまま、今を生き続けなければならない。何て不確かで、何と不安な時間の連続。そんな日々を生き抜くには、一緒に生きていく誰かが何かが必要なのかもしれない。そのことを多分この作品に登場する彼女たちは無意識下で分かっている。見えない今を生きる彼女たちと、しばし同じ時間を過ごしていただければと思います」と話している。

 伊東さんは「キャラクターに関して、解釈の違いの修正はもちろん、新しい要素の提案なども浅野氏からいただいて、原作の雰囲気を残しつつ新しいデザインになっています。そのあたりも見てほしいなと思います」とコメント。西村さんは「浅野さんの作品の中でも特に背景が大好きな私が、この作品を受けてもいいのかとても迷いました。しかし、ファンとしての目線を忘れずに原作の世界観を損なわない作品を私自身が見たいと思いました。原作を愛する最高のチームで制作中です。ぜひ本編の背景もお楽しみいただけたらうれしいです!」と話している。

 梅林さんは「多くのファンの方々に愛されるこの作品に携わるということ、大変に身の引き締まる思いです。浅野さんが作品に込めた思いの一助となれるよう、取り組ませていただきたく思っています」と意気込みを語っている。

 「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」は、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で2014~22年に連載されたマンガ。突如“侵略者”と呼ばれる存在に脅かされることとなった世界を舞台に、女子高生・小山門出と友人たちの少し変わった“日常”が描かれた。2021年に第66回小学館漫画賞一般向け部門を受賞し、2022年に第25回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。コミックス全12巻が発売されており、累計発行部数は300万部以上。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:黒川智之▽シリーズ構成・脚本:吉田玲子▽キャラクターデザイン・総作画監督:伊東伸高▽美術監督:西村美香▽音楽:梅林太郎▽アニメーション制作:Production +h.

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画