かつて魔法少女と悪は敵対していた。:テレビアニメ“悶デレ”PV公開 OPにLezel EDはミラ&深森白夜

「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」の一場面(C)藤原ここあ/SQUARE ENIX・まほあく製作委員会
1 / 8
「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」の一場面(C)藤原ここあ/SQUARE ENIX・まほあく製作委員会

 故・藤原ここあさんのラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「かつて魔法少女と悪は敵対していた。(まほあく)」のメインPVがYouTubeで公開された。悪の参謀・ミラが“薄幸魔法少女”の深森白夜の可愛さに悶絶(もんぜつ)し、デレる様子が描かれた“悶デレ”PVとなっている。

ウナギノボリ

 歌手のLezel(レゼル)さんがオープニングテーマ(OP)「未完成ランデヴー」を担当することも発表された。小野友樹さん演じるミラと中原麻衣さん演じる深森白夜によるキャラクターソング「いつも二人がいいね」がエンディングテーマとして流れることも分かった。公開されたメインPVでは、OPを聴くことができる。

 Lezelさんは「あの日あの時からずっと、『アニメ化してほしい……、でもきっと無理なんだろうな……』と期待しては落ち込む日々を過ごしながらも、願わずにはいられなかった大好きな先生の大好きなマンガ……。そんな作品のアニメに携わることができるなんて、まるで夢のようです。白夜と、『まほあく』を愛する皆さんの『心の奥へしまい込んだ気持ち』へ柔らかく寄り添えるよう思いを込めて歌わせていただきました。この曲がアニメと共に愛され、そしてここあ先生の元まで届きますように……」とコメントを寄せている。

 「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」は、「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で2013~15年に連載されたラブコメディーマンガ。世界を滅ぼそうとする悪の参謀・ミラが、世界を守るために戦う魔法少女・白夜に一目ぼれしてしまう……という展開。敵対するはずの二人の“殺し愛(あ)わない”日々がコミカルに描かれた。作者の藤原さんが2015年に急逝したため絶筆となった。コミックスが第3巻まで発売されている。

 アニメは、劇場版アニメ「海辺のエトランゼ」などの大橋明代さんが監督を務め、「ギヴン」などの綾奈ゆにこさんがシリーズ構成・脚本、「王様ランキング」などのMAYUKOさんが音楽を担当する。アニメ「妖狐×僕SS」と同じく飯塚晴子さんがキャラクターデザインを担当。「交響詩篇エウレカセブン」「僕のヒーローアカデミア」などのボンズが制作する。2015年に発売されたドラマCDに出演した小野友樹さんが悪の参謀のミラ、中原麻衣さんが魔法少女の深森白夜をそれぞれ演じる。7月9日からTOKYO MXほかで放送される。

 ◇キャスト(敬称略)

 ミラ:小野友樹▽深森白夜:中原麻衣▽御使い(猫):三木眞一郎▽篝火花:伊瀬茉莉也▽御使い(鳥):緑川光▽フォーマルハウト:鈴村健一▽ベラトリックス:川澄綾子▽アルキオネ:下野紘▽スピカ:東山奈央▽サダルスウド:山崎たくみ▽ベテルギウス:土師孝也

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画