ドラマ「くすぶり女とすん止め女」のあらすじ
(毎話紹介)の記事一覧 過去の関連記事も掲載

最終更新
記事

この「くすぶり女とすん止め女 あらすじ」ページは「くすぶり女とすん止め女」のあらすじ記事を掲載しています。

最新あらすじ記事

くすぶり女とすん止め女:第7話 “八田”渋谷謙人の衝撃的事実とは? “郁子”西田尚美、言葉を失う

連続ドラマ「くすぶり女とすん止め女」第7話の一場面(C)「くすぶり女とすん止め女」製作委員会

 俳優の西田尚美さんと、野々村真さんの長女でモデルの香音(かのん)さんダブル主演の連続ドラマ「くすぶり女とすん止め女」(テレビ東京系、火曜深夜0時半)第7話が11月21日に放送される。

 武(勝村政信さん)のパワハラと不倫の事実が書かれたメールが、差出人不明で社内全員に届く。郁子(西田さん)は取引先にまで送られたそのメールにがくぜんとするが、八田(渋谷謙人さん)はほほ笑みながら声を掛けてくる。

 ほのか(香音さん)は偶然出会った八田の元婚約者、綾乃(大久保桜子さん)から八田の衝撃的事実を聞く。ほのかからそれを聞いた郁子は言葉を失い……。

 原案は、ふちいく子さんの人気エッセー「くすぶり女のシンデレラストーリー」(梓書院)で、MEGUMIさんの企画・プロデュース作。夫のモラハラに25年間耐え忍んできた49歳の専業主婦・山本郁子と、恋愛も仕事も万年二番手な25歳会社員・工藤ほのかが出会い、生きづらい現代社会にあらがう女性同士の絆を描く。

「くすぶり女とすん止め女」 あらすじ関連記事一覧

- 広告 -
- 広告 -