その女、ジルバ:江口のりこ、“新”池脇千鶴に一喝「いい人」「ぐっときた」 「俺の家の話」にも出演「名バイプレーヤー」の声

1 / 1

池脇千鶴さんの主演ドラマ「その女、ジルバ」の第3話のワンシーン=東海テレビ提供

 女優の池脇千鶴さんの主演ドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の第3話が1月23日、放送された。笛吹新(池脇さん)が勤務する倉庫のグループリーダー、浜田スミレ役の江口のりこさんが、新に「バカか! あんたは!」と一喝する場面が登場し、視聴者からは「スミレのいい人っぷり炸裂(さくれつ)でした」といった声が上がった。

 「その女、ジルバ」は、「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した有間しのぶさんの同名マンガが原作。主人公の新(池脇さん)は大手百貨店でアパレル店員として働いていたが、物流倉庫に左遷されてしまう。そして人生の折り返し地点で飛び込んだのは、「40歳未満お断り」の“超高齢熟女バー”「BAR OLD JACK & ROSE」だった。新は「小娘」「ピチピチ」とからかわれながらも、高齢ホステスたちの刺激を受けながら、忘れかけていたものを取り戻していく……というストーリー。

 第3話では、突然、チームリーダーのスミレ(江口さん)に呼び出された新(池脇さん)と前園真琴(山崎樹範さん)。村木みか(真飛聖さん)も見守る中、ホストにハマっていると勘違いされた新が、リストラ対象になっていることをどう考えているのかと2人を問い詰める。

 熟女バーでホステスのバイトをしていると明かした新が、「1回みんなで遊びにきませんか?」と提案。すると、スミレは、「バカか! あんたは! のんきに副業なんかしてたら、ホントにこの男にリストラされるよ? いいのそれでも? 今、会社をクビになったらこの先、どうやって生きていくの? そういうことちゃんと考えたことあるの?」などと叱る……という展開だった。

 江口さんは、22日からスタートした人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん主演の連続ドラマ「俺の家の話」(TBS系、金曜午後10時)にも出演。観山寿一(長瀬さん)の妹で、お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さん演じるラッパー、O.S.Dの妻、長田舞役を演じている。

 SNSでは、「チームリーダーの江口のりこのせりふにぐっときた」「『その女、ジルバ』も『俺の家の話』も、江口のりこさん抜群に良いな!」「江口のりこさん名バイプレーヤー過ぎるやろ」「江口のりこさん、サイコー」などと絶賛するコメントが並んだ。

 劇中では、池脇さん演じる新、江口さん演じるスミレ、真飛さん演じるみかが親しくなる様子も描かれ、「会社での同僚みかさんと上司スミレさんと新さんとの仲が近くなっていって楽しかった」「女子たちが仲良くなってくの良い」という意見もあった。

テレビ 最新記事