広瀬アリス:「昼ドラ」史上最年少15歳でヒロイン抜てき 「できるのは私だけ」

テレビ
「明日の光をつかめ」で主演を務める広瀬アリスさん

 モデルで女優の広瀬アリスさん(15)が、7月5日にスタートする東海テレビ制作・フジテレビ系の昼ドラマ「明日の光をつかめ」で、ヒロインを演じることが分かった。子役ではなく通期の主演女優としては、46年185作目を迎えた東海テレビ制作の「昼ドラ」史上最年少となり、夏休みに親子で見られる作品を目指したという。

 ドラマは、海の見える丘にある更生施設「たんぽぽ農場」が舞台。同施設には、少年院を退院した少年少女や、いじめ、自傷行為、薬物中毒などの問題を抱える子供たちがやってくる。明るく活発なヒロイン沢口遙(広瀬さん)は母の不倫や市議会議員の父が進める「たんぽぽ農場」追放の動き、学校でのいじめによって傷つくが、「たんぽぽ農場」の少年、桜木翼(榊原徹士さん)と出会い、次第に恋に落ちていくという物語。

 広瀬さんは、ティーン向けファッション誌「セブンティーン」の専属モデル。女優としては、今秋公開予定の「マリア様がみてる」をはじめ、映画やドラマに出演しているが、主演は今作が初めて。バスケットボールをずっとやっていたという広瀬さんは「台本に“シュートが決まって喜んでいる遙”というシーンが出てきた時から、『この役を演じられるのは私しかいない!』と思い込んでいます」とコメント。最年少ヒロインについては「すごくうれしいです。もともと気合が入っていましたが、さらに身が引き締まりました」と意気込みを語っている。

 収録は、神奈川県三浦市で5月21日にクランクイン。広瀬さんのほか、新選組リアンの榊原徹士さん、川崎麻世さん、矢沢心さん、渡辺いっけいさんらも出演する。ドラマは、7月5日から毎週月~金曜午後1時半放送で全45話の予定。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る