MANTANWEB(まんたんウェブ)

ラノベ質問状:「地獄堂霊界通信」“香月サバト”でむちゃぶり 待望のサードシーズンへ

ブック
香月日輪さん作、みもりさんイラストの「完全版 地獄堂霊界通信」6巻(講談社)

 話題のライトノベルの魅力を担当編集者が語る「ラノベ質問状」。今回は、3人の“ワルガキ”たちがひょんなことから霊や妖怪たちに立ち向かっていく「地獄堂霊界通信」(香月日輪著、みもり画)です。講談社文芸図書第三出版部の河北壮平さんに作品の魅力を聞きました。

 −−この作品の魅力は?

 てつし・椎名・良次のワルガキ3人組は、通称「地獄堂」と呼ばれている薬屋のおやじから術師としての力を授けられ、この世の“怪異”に体当たりでぶつかっていきます。ときには喜び、怒り、傷つき、涙し、苦悩する少年たち。ですが、彼らは決してくじけません。ただ、ひたむきに、妖(あや)かしや人、そして自分自身と立ち向かう少年たちの姿は、時代や読者の年齢を超えて胸を打ちます。

 最近、疲れているそこのキミ、自分を見失っているそこのアナタ、「地獄堂」を読んで、大切なものを思い出してみませんか?

 −−作品が生まれたきっかけは?

 かつて児童書として人気を博していました「地獄堂」シリーズでしたが、発売から時間はたち、随分と手に入りにくくなってしまっていました。ですが、読者からの熱い要望や、今の時代にこそ、新しい読者に読んでほしい、という強い思いから、講談社ノベルスの新たなシリーズとして復活することになりました。「待ち望んでいました!」という読者からのお便りの多さに、編集者としても本当にうれしく思っています。

 −−作家さんとイラストレーターさんはどんな方でしょうか?

 香月さんは……、朗らかで面白い方です(笑い)。講談社には、「地獄堂」の担当編集者に加え、「妖怪アパートの幽雅な日常」シリーズや、マンガ版の担当者など、部署にまたがって多くの香月さんの担当編集者がいまして、その関係者が一堂に会し、意見交換(悪だくみ?)をする、通称“香月サバト”と呼ばれる会議があります。その結果、「先生、これやることに決まりましたから!」と既決事項のようにお仕事をむちゃぶりするのですが、香月さんはいつも驚愕(きょうがく)しながら……、でも一度も断らない(断れない?)、そんな優しい方です。

 イラストを描いてくださっているみもりさんは、現在、雑誌「good! アフタヌーン」にてマンガ版の「地獄堂」を連載中です。可愛くも格好いいてつしたちの活躍を、マンガでもぜひチェックしてみてください。

 −−編集者として、この作品にかかわって興奮すること、逆に大変なことについてそれぞれ教えてください。

 児童書、ノベルス、マンガ、文庫、と広がっていく香月ワールド、そして、それを応援してくれている読者の皆さんの声、興奮することばかりです。“香月サバト”でも、やりたいことが次々と出てきて、香月さんにはいつも無理をさせてしまって……。ですが、読者が待ってくれていますから、大変なことより、楽しいことばかりです。(ですよね、香月先生!?)

 −−今後の展開、読者へ一言お願いします。

 「地獄堂」のセカンドシーズン2巻目(通巻7巻目)と、マンガ版の3巻目が4月初旬にほぼ同時発売(表紙は両方とも椎名メーンの予定!)、そして今年9月ごろに、セカンドシーズン最終巻が発売になります。そして、そのあとは……、読者の皆さん待望の新規書き下ろし、サードシーズンが開幕します! これまで描かれていなかったてつしたちの新たな活躍にご期待ください!!

 そして、もうひとつ人気シリーズ「妖怪アパートの幽雅な日常」にも、この春に大事件が……!? まだ言えないのですが、どうかお楽しみに!!

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る