MANTANWEB(まんたんウェブ)

クルム伊達公子:「実は限界なんじゃないかなと思った」 WOWOWインタビュー

テレビ
アスリートの限界に挑む41歳のベテラン、クルム伊達公子選手(写真:杉本哲大/アフロスポーツ)

 アスリートの限界に挑む女子テニス41歳のクルム伊達公子選手。11年のシーズン序盤は思ったようなプレーができず苦しんだが、テニスのグランドスラム(4大大会)の一つ「ウィンブルドンテニス」では、ビーナス・ウィリアムズ選手との3時間近く熱戦を繰り広げ、「HPオープン」ではダブルスで優勝するなど活躍。グランドスラム出場の目安となる100位内死守を目標に戦い続けたクルム伊達選手に、11年シーズンや40代のアスリートしての思いを聞いた。(毎日新聞デジタル)

 −−11年はどんな1年でしたか。

 年々少しずつ今の女子のパワーテニス、スピードテニスに順応できるようになって、欲というものが出てきた中で戦ってきて、本当にいい形で11年に入れたと記憶しています。ただ、いざスタートしてみると、シーズンの最初は勝てそうで勝ち切れなかった試合をいくつか重ねる中で、気がつくと自分のテニスというものを手放し始めていたのかな、と思います。それが結局スランプにつながり、どうしたら自分を取り戻せるのかということすら見えなくなってしまった上半期だったという気がします。

 ウィンブルドンテニスの1回戦で、地元の選手とはいえグランドスラムという試合の中で1回戦突破できたことは、すごく自分の中では大きな手応えがありましたし、2回戦ではセンターコートでビーナス・ウイリアムズと戦って、本当にあと一歩でした。そして、ハードコートシーズン、アメリカシーズンに入って、なかなか思うように結果が残せなかったのと、思いがけないけがが重なり、ポイントどころではなく自分のケガを何とかしなくてはならないという中でもがいている時期が、一番大きかったかなと思います。

 −−「引退」は考えましたか?

 もうスランプっていうか、実は目に見えない限界が来ているのかな、と思ったことはありました。年齢なのか、フィジカル的に筋力的に何か気付かない変化が起きていて、実は調子が悪い要因はそこから来ていて、けがをしているわけでもないし、何かを変えたわけでもないのにここまでおかしくなるというのは、もう実は限界なんじゃないかなと思いました。それがイコール引退ということになるのだと思うのですが、それを自分で「引退」と思えば引退なのでしょうし……。限界なのかなと思ったことはヨーロッパの時期にもありましたし、勝てなくなっていたときもよぎらなくはなかったです。

 −−40代のアスリートとして、自分の年齢をどうとらえていますか。

 コートに立ってボールを追いかけているときに常に意識しているかというとそうでもないのですが、(年齢は)事実は事実でごまかしようのない数字であり、テニスが瞬発性、持久性、反応などいろんなものを動きに求められて、試合時間も平均1時間半くらい、長ければ2時間半。勝てば勝つだけ普段の試合で1週間、グランドスラムであれば2週間というスポーツなので、ごまかしが効かない。ただ、誰もが無理だと思ったこの年齢で、今の4年間を戦えているということも事実ですし、それはパワーだけでもスピードだけでもない、若さだけでもないやはり経験やテクニックによって、それを補える部分っていうのが少なからずあるという結果。そういう複合的なことを考えると、「41歳」ということはしっかり受け止めながら戦っているのかなと思います。

 −−来年、復帰後5年目を迎えますが、12年以降どんなプレーヤーになりたいですか。

 まだそこまで考えられる余裕はないのですけが、「まだまだこれから」という選手が多い中で、私は年々当然先が短くなっている。今年、本当に苦しんだ分、ツアーは楽しめていたと思うのですが、プレーに対しては苦しんだので、12年は両方楽しめれば当然ベストです。年齢が年齢なのですが、11年、結果はなくても、ウィンブルドンのセンターコートでヴィーナスと戦って、みんなの心に響いて記憶に残るプレーができた。そういうプレーが少しでも多くなればいいかなと思います。

 ◇WOWOW番組情報

 「錦織・クルム伊達 それぞれの世界挑戦2011」(WOWOWプライム)=23日午前11時15分~▽「男子テニス ATPツアー2012 カタールオープン」(WOWOWライブ)準決勝=12年1月6日午後10時半、決勝=1月7日深夜0時、9日午後3時▽「全豪オープンテニス」(WOWOWプライム、WOWOWライブ)=12年1月16~29日連日生中継

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る