南野陽子:25年ぶり「スケバン刑事」のヨーヨーと“再会” 伊藤かずえと大映ドラマ秘話語る

テレビ
トーク番組「極上空間~小さなクルマ、大きな未来。~」に出演する南野陽子さん

 女優の南野陽子さんが、24日に放送されるBS朝日のトーク番組「極上空間~小さなクルマ、大きな未来。~」に女優の伊藤かずえさんと出演し、撮影の思い出などなど“女子トーク”を繰り広げる。2人は「東映東京撮影所」を訪れ、南野さんは25年ぶりに「スケバン刑事」で使用したヨーヨーと再会し「私、いろんなテレビ局で「ヨーヨーを持ってください」って渡されるんだけど、全部おもちゃで。やっぱり本物は違いますね」と感激した様子で「おまんら、許さんぜよ!」という懐かしの決めポーズも披露している。

 伊藤さんは「ポニーテールはふり向かない」(85~86年)など南野さんと同じく大映ドラマなど昭和の名ドラマに出演。南野さんとはプライベートでも仲が良いという伊藤さんは、ドラマ「不良少女と呼ばれて」の撮影時、「恋は壊れやすいのよ。ビタミンCのようにね」というセリフを言わなければならなかったが、恥ずかしくて初めて監督にせりふを変えてほしいと頼んだが「一言一句変えてくれるな」と言われ、泣く泣くそのまま読んだというエピソードを披露した。南野さんも「スケバン刑事」のアクションシーンでたまたま手をついた所に犬のフンがあったという話を明かすなど、2人からは伝説のドラマにまつわる“名エピソード”が次々と飛び出した。

 また、11年に結婚したばかりの南野さんは「昔から『人との付き合いは慎重に』と思っていたけれど、割とパッパと決まっちゃった」と夫とのなれそめを明かし「結婚して良かったなーと思うな。(夫は)ゴミが増えたら捨ててくれるし、窓も掃除してくれる! なんかもう10年くらい結婚してるみたい」とのろけるなど新婚生活についても語っている。

 「極上空間~小さなクルマ、大きな未来。~」は、車ならではの楽しみや人と人との絆といった大切なものを改めて見直すことをテーマに毎回、ゲスト2人がさまざまな場所へと車で出かけ、「あの場面の舞台裏」や「ターニングポイントになったあのときの思い」など、普段は聞けないような“プレミアムトーク”を展開する。毎週土曜日午後11時から放送。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る