長澤まさみ:「都市伝説の女」で“座敷わらし”と和気あいあい

テレビ
ドラマ「都市伝説の女」に出演する“座敷わらし”役の岡部珠奈ちゃん(右)と長澤まさみさん=テレビ朝日提供

 女優の長澤まさみさんの主演ドラマ「都市伝説の女」(テレビ朝日系)が、武井咲さん主演のドラマ「Wの悲劇」に続き、今度は水谷豊さん主演の映画「HOME愛しの座敷わらし」とコラボすることが分かった。同映画で銀幕デビューを果たした子役の岡部珠奈(まりな)ちゃん(4)が、映画と同じ座敷わらし役で25日放送の第7話に出演。“都市伝説オタク”の美人刑事・音無月子役の長澤さんと初共演する。

 同ドラマは、「TRICK」「時効警察」などのヒット作を送り出してきたテレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」枠での放送で、長澤さんが刑事役に初挑戦している。都市伝説が大好きな警視庁捜査1課の刑事・音無月子(長澤さん)が、持ち前の美貌とマニアックな視点を駆使した絶妙かつ珍妙な捜査で、都市伝説にからむ未解決事件を解決していく1話完結型のコメディーミステリー。溝端淳平さん、竹中直人さんらも出演する。

 第7話では、ある家で傷害事件が発生する直前に、月子の部屋に座敷わらしが出現。その後も警視庁内などにたびたび現れ、月子は「この傷害事件は座敷わらしが家から去ってしまったために、起きてしまった不幸!」とお決まりの“都市伝説に基づいたトンデモ臆測”から捜査を開始する……というストーリー。

 珠奈ちゃんは、映画と同じ衣装の座敷わらし役で初のドラマ出演。「子どもが大好き」という長澤さんは、珠奈ちゃんの緊張をほぐそうと、「一緒に凶暴なインコ(月子が飼っているオカメインコ)、見に行こうよ」と声を掛けて抱き上げるなど、撮影の合間には隣り合わせになって終始和気あいあいで、撮影現場も和やかなムードに包まれていた。

 ドラマは、テレビ朝日系で毎週金曜午後11時15分~深夜0時15分(一部地域では放送時間が異なる)放送中。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る