注目映画紹介:「スーパーヒーロー大戦Z」ライダー&戦隊、宇宙刑事、メタルヒーローが参戦第2弾

「スーパーヒーロー大戦Z」の一場面  「スーパーヒーロー大戦Z」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映AG・東映
1 / 4
「スーパーヒーロー大戦Z」の一場面  「スーパーヒーロー大戦Z」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映AG・東映

 「仮面ライダー」と「スーパー戦隊シリーズ」の特撮2大ヒーローが共演する「仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z」(金田治監督)が27日に公開された。歴代の仮面ライダーにスーパー戦隊といった、多数のヒーローが集結し熱戦を繰り広げる。昨年公開された「スーパーヒーロー大戦」に続き第2弾となる今回は、現在放送中の「仮面ライダーウィザード」「獣電戦隊キョウリュウジャー」などに加え、82年に誕生した「宇宙刑事」シリーズが新たに参戦。魔法の力で復活した悪の秘密結社ショッカー改めスペースショッカーを相手に、ヒーロー連合軍が地球の危機に立ち向かう。新旧ヒーローが一堂に会したスケールの大きなアクションシーンや、初登場となるメタルヒーローたちの雄姿に注目が集まる。

 悪の秘密結社ショッカーが魔法の力を得てスペースショッカーとして復活し、宇宙全域で魔法による暴走現象が発生。仮面ライダーウィザード(白石隼也さん)は、謎の現象を引き起こしている張本人として、銀河連邦警察・宇宙刑事ギャバン(石垣佑磨さん)の攻撃を受ける。そして、宇宙刑事シャリバン(三浦力さん)が倒したはずの宇宙犯罪組織マドーが出現。銀河連邦警察は超次元砲を使い、地球ごとマドーとスペースショッカーを消滅させようとするが……という展開。

 毎回さまざな仕掛けで見る人を喜ばせるヒーローたちのクロスオーバー作品は、宇宙刑事3人が初めて共に戦う姿や、「世界忍者ジライヤ」「重甲ビーファイター」といったメタルヒーローシリーズのそろい踏みなど、今回も新旧どちらのファンも見逃せない要素が満載。さらに仮面ライダーフォーゼや特捜戦隊デカレンジャーなどの「宇宙」と縁の深いヒーロー、仮面ライダーアマゾンや獣拳戦隊ゲキレンジャーといった「野獣系」と、宇宙刑事やキョウリュウジャーに引っかけたくくりでヒーローが集うのはシャレが利いている。また、宇宙刑事3人それぞれの母艦による衝撃展開やウィザードラゴンとキョウリュウジンのコラボ技など、劇場版ならではのシーンは思わずのめり込んでしまう。歴代ヒーローの持ち味が生かされたストーリーと、2、3分に1度は展開するアクションは迫力十分。新宿バルト9(東京都新宿区)ほか全国で公開中。(遠藤政樹/毎日新聞デジタル)

 <プロフィル>

 えんどう・まさき=アニメやマンガ、音楽にゲームなど、ジャンルを問わず活動するフリーの編集者・ライター。イラストレーターやフォトショップはもちろん、インタビュー、撮影もOKと、どこへでも行きなんでもこなす、吉川晃司さんをこよなく愛する自称“業界の便利屋”。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る