MANTANWEB(まんたんウェブ)

池井戸潤:「素晴らしい出来上がり」 ルーズヴェルト・ゲームに太鼓判

テレビ
ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」についてコメントした池井戸潤さん(前列右、左は主演の唐沢寿明さん)

 大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)の原作者・池井戸潤さんが25日、TBSで行われた連続ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」第1話特別披露試写会に訪れ、唐沢寿明さんら出演者と対面した。池井戸さんはドラマについて「唐沢さん演じる企業のシーン、野球のシーン共に素晴らしい出来上がりです」とコメントした。

 ドラマは、池井戸さんの同名企業小説が原作で、伊與田英徳さんがプロデューサー、八津弘幸さんが脚本、福澤克雄さんが演出、服部隆之さんが音楽を担当するなど「半沢」の制作陣が再集結した作品。中堅精密機器メーカー「青島製作所」の存亡と同社の名門社会人野球部の廃部を懸けた攻防が描かれている。池井戸さんは「唐沢さん演じる企業のシーン、野球のシーン共に素晴らしい出来上がりです。特に野球のシーンには心打たれました。企業経営の厳しさだけでなく、野球への純粋な情熱が詰まっていました」と、第1話を絶賛している。

 先日も女性客限定で行われた同ドラマの試写会だが、今回は好評につき急きょ2度目の開催となり、約110人の女性の観客が集まった。上映後の舞台あいさつには、劇中の青島製作所とイツワ電器の野球部員を演じた和田正人さん、工藤阿須加さん、須田邦裕さん、佐藤祐基さんら18人が登場。唐沢さんも上映前にサプライズで観客にあいさつした。同ドラマは27日から「半沢直樹」と同じ毎週日曜午後9時からの「日曜劇場」枠でスタート。初回は25分拡大で放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る