MANTANWEB(まんたんウェブ)

狩野恵里アナ:「弱虫ペダル」で初声優 コスプレ姿で“巻島愛”語る

アニメ 映画 テレビ
劇場版「弱虫ペダル」で声優に初挑戦したテレビ東京の狩野恵里アナウンサー

 テレビ東京の狩野恵里アナウンサーが17日、東京都内で行われた劇場版アニメ「劇場版 弱虫ペダル」(8月28日公開)の公開アフレコに、同アニメに登場する「総北高校自転車競技部」の衣装で登場し、声優に初挑戦した。かねて同作のファンで、本人役で出演した狩野アナは、「ただただ感激しました。うれしすぎて台本にある自分の名前にラインを引いてしまった」と喜ぶ一方、自身のコスプレ姿については「フィットしすぎて恥ずかしいです」と赤面した。

 同アニメで狩野アナは、舞台となる「熊本火の国やまなみレース」の現地取材にやってきた在京テレビ局の実況アナウンサーという設定。「思った以上に楽しめました。さまぁ~ずさんからも(声優に関する)苦労話を聞いていて、大変なことなんだなと緊張してたんですけど、リポーター役ということもあって、普段の自分と重なることもあり、ある意味やりやすかったです」と話した。難しかった点に関しては「今回は他の声優さんたちとの掛け合いなどがなく、役も実況ということで、1人でテンションを上げるのが大変でした。拳を振りかざしすぎて筋肉痛です」と笑いを誘い、初声優の自己採点については「技量や滑舌などに関しては35点。でも作品愛は95点です!」とコメントした。

 同作のファンという狩野アナは、「(主人公の)小野田坂道と(先輩の)巻島裕介のお互いの関係がどんどん構築されていくところや、クールだった巻島がちょっとずつ人間性をおびていくところに共感できる」と熱の入ったコメント。好きな登場人物は巻島だといい、「好きすぎて台本にも巻島の似顔絵を描いてしまいました。巻島ファンの私としては(映画を)10回くらい観に行きたい」などと、止まらない巻島愛を語った。

 「弱虫ペダル」は、渡辺航さんが「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中のマンガが原作。総北高校自転車競技部を舞台に、主人公の坂道が、自転車のロードレースの魅力に目覚め、仲間と共にインターハイ優勝を目指す姿が描かれている。コミックスは累計発行部数1300万部を超えるなど人気を集め、2013年10月から同局でテレビアニメも放送された。劇場版は、原作者の渡辺さんがストーリーを描き下ろす完全新作となる。8月28日公開。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る