MANTANWEB(まんたんウェブ)

大沢たかお:「花燃ゆ」の舞台・群馬の前橋まつりに登場 県令役に手応え

テレビ
「前橋まつり」に登場した大沢たかおさん=NHK提供

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で群馬県初の県令(現在の県知事)の楫取素彦を演じる俳優の大沢たかおさんが11日、前橋市で開催された「前橋まつり」に登場した。11日放送の同ドラマの第41回「いざ、群馬へ」では舞台が群馬に移ることから、大沢さんは「自分でも群馬編をやれて、自分の中で手応えがすごくあったので、手応えあった上で、きょう『いざ、群馬へ』41話が放送になりますので、そのタイミングで前橋に来てあいさつができたことはすごくよかったなと思います」と話した。

 大沢さんは昨年も前橋まつりに参加しており「去年、前橋まつりにお邪魔しまして、その時は(パレードを)車で大急ぎで行ってしまったので、今年はゆっくり歩くことができてお邪魔できてうれしく思います」とコメント。また「皆さんもこの県(群馬県)の話になりますので、楽しみに見ていただければと思います」と語った。

 「花燃ゆ」は、幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰(伊勢谷友介さん)の妹・文(井上真央さん)が主役のオリジナル作品。文は長州藩の尊王攘夷派の中心人物・久坂玄瑞(東出昌大さん)と結婚し、久坂が死去した後は、群馬県初の県令の楫取素彦と再婚した人物。文は名を美和と改めている。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送中。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る