新井浩文:現場で熱く恋愛論争 経験豊富すぎて監督悲鳴

NHK・BSプレミアムのドラマ「インディゴの恋人」の会見に登場した新井浩文さん
1 / 19
NHK・BSプレミアムのドラマ「インディゴの恋人」の会見に登場した新井浩文さん

 俳優の新井浩文さんが22日、東京・渋谷のNHKで行われた27日放送のドラマ「インディゴの恋人」(NHK・BSプレミアム)の会見に登場。新井さんは、ドラマを手がけたNHK岡山放送局の樋口俊一チーフプロデューサーから「現場では監督(NHK岡山放送局の泉並敬眞ディレクター)と新井さんの間で、恋愛観についての熱い議論が交わされていた、監督からは『僕の恋愛経験がなかなか新井さんの恋愛経験に追いつかなくて、うまく伝えられなくて悩んでいるんです』といわれた」と明かされ苦笑い。泉並ディレクターも「恋愛経験は足りませんが、一生懸命頑張りました」と撮影を振り返り、笑いを誘った。

 「インディゴの恋人」は、NHK岡山放送局が制作し、主な舞台となった倉敷市で撮影された。ある理由でジャズピアニストの夢を捨てデニム加工職人となった青年と、拭いがたい過去を持つ女流作家が倉敷に存在する“記念日レター”をきっかけに新たな決意に至り、自分を取り戻していく姿を描くラブストーリー。

 主人公のデニム加工職人・原田健二を演じた新井さんは、完成したドラマの感想を聞かれ、「正直にいって、ほかの作品もそうなんですが、客観的に見られなくて、自分の粗探しになってしまった。もうちょっと時間が欲しくて、そこは反省です」とコメント。また「デニムは傷や汚れが価値になる。たぶん人も」というせりふになぞらえ、過去に“やらかしてしまった”ことで、いまに生きている経験・出来事を聞かれると「失敗ややらかしたことはもちろんあるんですけど、それが今に生きているかというと、そうでもない。でも俳優としては、コンプレックスや人にいえないような傷が、スクリーンに映るという意味では、すごい価値になる」と持論を披露していた。会見には女優の美波さん、山口まゆさんらも登場した。

 ドラマは、27日午後10時~同59分に放送される。

写真を見る全 19 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る