クローズアップ現代:日替わりキャスター制移行に総局長「制作能力の表れ」

「クローズアップ現代+(プラス)」でキャスターを務める久保田祐佳(前列左)、小郷知子(前列左から2番目)、松村正代(前列左から3番目)、鎌倉千秋(前列左から6番目)、井上あさひ(前列左から7番目)、杉浦友紀(前列左から8番目)の各アナウンサーと、「ブラタモリ」で相棒を務める近江友里恵アナウンサー(後列右から4人目)
1 / 1
「クローズアップ現代+(プラス)」でキャスターを務める久保田祐佳(前列左)、小郷知子(前列左から2番目)、松村正代(前列左から3番目)、鎌倉千秋(前列左から6番目)、井上あさひ(前列左から7番目)、杉浦友紀(前列左から8番目)の各アナウンサーと、「ブラタモリ」で相棒を務める近江友里恵アナウンサー(後列右から4人目)

 NHKの報道番組「クローズアップ現代」が4月から「クローズアップ現代+(プラス)」にリニューアルし、これまで23年間キャスターを務めてきた国谷裕子さんに代わり、局内の女性アナウンサー7人が日替わりで務めることになり、板野裕爾放送総局長は17日、「我々の制作能力の表れだと理解してもらいたい。独身女性、既婚者、育児中などのバックグラウンドをもった女性キャスターたちだと思う」と理解を求めた。

ウナギノボリ

 起用されるのは、久保田祐佳、小郷知子、松村正代、伊東敏恵、鎌倉千秋、井上あさひ、杉浦友紀アナウンサー。板野総局長は17日、同局で行われた定例会見で「テーマごとによって専門家や解説者たちが世の中の背景や問題の核心に迫る情報番組になると思う」と説明した。

 「クローズアップ現代+(プラス)」は、リニューアルに伴い、これまでの毎週月~木曜の午後7時半~同56分の放送枠から毎週月~木曜の午後10時~同25分に移動する。

 また4月の番組改編に伴い、タレントのタモリさんが街を訪ね歩くバラエティー番組「ブラタモリ」(毎週土曜午後7時半放送)の相棒に、福岡放送局の近江友里恵アナウンサーが抜てきされる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画