MANTANWEB(まんたんウェブ)

欅坂46:連ドラ初主演が決定 メンバー総出演で学園ミステリー

アイドル テレビ
「徳山大五郎を誰が殺したか?」で連続ドラマ初主演を務める欅坂46(C)「徳山大五郎を誰が殺したか?」製作委員会

 アイドルグループ「乃木坂46」の“妹分”としてデビューした「欅坂46」が7月にスタートする連続ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」(テレビ東京系、土曜深夜0時20分)で、連ドラ初主演を果たすことが23日、明らかになった。秋元康さんの企画・原作で、メンバーが総出演。教室の中で担任教師・徳山大五郎の遺体と過ごすことになった女子高生たちの“非日常的日常”を描く、シュールな笑いをちりばめた学園ミステリードラマだ。

 ドラマは、4月に「昼のセント酒」でスタートした「土曜ドラマ24」枠の第2弾。舞台は私立欅学園3年C組。ある朝、登校した生徒たちは担任教師の徳山大五郎の死体を発見して右往左往するが、教室のある場所に隠そうということになり、死体があることをバレないように必死に隠しながらの奇妙な学校生活が始まる。学園の教師や担任教師の妻、不倫相手、刑事、記者……と毎回誰かが教室を訪れるが、果たして隠し通すことができるのか、そして誰が犯人なのか……というストーリー。ドラマ初出演のメンバーたちの初々しい演技に注目だ。

 同局の川村庄子プロデューサーは「欅坂46の皆さんが一生懸命リハーサル・撮影に挑んでいる姿を母親のような気持ちで見守る日々が続いています。ドラマの舞台はほぼ教室。ある日登校したら教室で担任教師の遺体を発見し右往左往するも、その遺体と過ごさざるをえなくなってしまったイマドキの女子高生たちが過ごす非日常的日常。そんな不思議な世界の中でメンバー一人一人の個性と魅力を十分に引き出し、普通そうで全く普通じゃない突き抜けたドラマを目指して出演者・スタッフ一同頑張っています。毎週楽しんでいただければうれしいです」とコメントしている。

 連続ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」は7月から毎週土曜深夜0時20分に放送。Amazon プライム・ビデオで放送1週間前から先行配信される。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る