明日のべっぴんさん:12月19日 第67回 すみれ、キアリスで“最後の仕事”

 「キアリス」で仕事の引き継ぎをするすみれ(芳根京子さん)は、あることを提案する… (C)NHK
1 / 5
「キアリス」で仕事の引き継ぎをするすみれ(芳根京子さん)は、あることを提案する… (C)NHK

 芳根京子さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」は第12週「やさしい贈りもの」を放送。19日の第67回では、「キアリス」を辞めると決めたすみれ(芳根さん)は、着々と仕事の引き継ぎを進めていく。さらにすみれは“最後の仕事”として、明美(谷村美月さん)のベビー相談室での話を一冊にまとめた「キアリスガイド」を作り、客に配ろうと提案する。しかし、夫たちは貴重な知識をむやみに広げない方がいいと反対し……。

 「べっぴんさん」は、95作目の朝ドラ。神戸市に本社を置く子供服のメーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんをモデルにしたヒロイン・すみれの物語。戦後、焼け跡となった神戸で、娘や女性のために、子供服作りにまい進するヒロインと家族の姿が描かれている。

 第11週「やるべきこと」では、大急百貨店にキアリス支店を正式出店することにしたすみれたち。一方、紀夫(永山絢斗さん)は極度の緊張から仕事中に倒れてしまったことで自己嫌悪し、家で寝込むようになってしまう。さらに家事や育児を手伝っていた喜代(宮田圭子さん)が腰痛を悪化させ、入院。すみれは支店の開店準備に加え、家事や育児も全て、自分でこなすことを決意するが、仕事のトラブルで朝帰りしてしまったことをきっかけに紀夫との関係がギクシャクし、ついに過労で倒れてしまう……という展開だった。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事