エレキコミックやついいちろう:「ひよっこ」で朝ドラに抜てき 「役者したことないけど…」

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の会見に出席したやついいちろうさん
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の会見に出席したやついいちろうさん

 お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうさんが、今春、放送をスタートする有村架純さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」に出演することになり、30日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた会見に出席した。

 ヒロインが働く東京・赤坂にある洋食店「すずふり亭」のコック・井川元治役で朝ドラに初出演するやついさんは、「一切、役者のことをしたことないんですが、芸人としてなぜかここにいるということで、背筋が伸びる思いでございます」と恐縮。役どころについて「料理人としてうまくなりたいんだけど、努力したくない。努力したくないけど、尊敬されたい。そういうような人間的な役で、僕にぴったりな役。そのままの自分でやれる役だなと」と自信を見せ、「精いっぱいやらせていただきたい」と意気込んだ。

 この日発表されたのは同作の「東京編」のキャスト。ほかに「すずふり亭」の主人・牧野鈴子役で宮本信子さん、「すずふり亭」の料理長・牧野省吾役で佐々木蔵之介さん、ホール担当・朝倉高子役で佐藤仁美さん、見習いコック・前田秀俊役で磯村勇斗さん、みね子と同郷で赤坂警察署管内の五丁目派出所に勤務する警察官・綿引正義役で竜星涼さん(朝ドラ初出演)、みね子が働く向島電機の「乙女寮」の舎監・永井愛子役で和久井映見さん、トランジスタラジオ工場の仲間・青天目澄子役で松本穂香さん(同)、兼平豊子役で藤野涼子さん(同)、秋葉幸子役で小島藤子さん、夏井優子役で八木優希さんが出演することが発表された。

 「ひよっこ」は96作目の朝ドラで、高度経済成長期に集団就職で上京した“金の卵”が、殻を破って成長していく姿を描く。大家族の農家に生まれ、のんびりした少女に育った主人公・谷田部みね子が、東京で行方不明になってしまった父を捜すために、集団就職で上京する……というストーリーで、「ちゅらさん」などの岡田惠和さんのオリジナル作となる。4月3日~9月30日に放送。全156回予定。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る